« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

げーじゅつの冬・木版画展2

nec_0070.jpg

竹村氏の版画は、ぜんぶが手作りです。
版木を彫って~~~摺りを重ね。。工程は数十にも及ぶそうです。

携帯画像では不思議な独特の世界観のデッサン構図だとか
繊細な線描写などなかなかうまくお伝えできないかもしれません。
(ガラスに周りがうつりこんでしまいました~^^;)
色味を抑えたもの。。華やかな色彩のもの。。
今回は版画だけでなく 木片に彩色したオリジナリティあふれる作品群も展示されていました。

木版画の工程は分業化しているのが常だそうですが
彫りから仕上げまでの全工程をひとりでというのは
たいへんめずらしいんですって。

昨年、久しぶりに『亡国のイージス』という映画で
一時的に役者としてスクリーンに戻ったそうですが、
やはり制作等に支障がでない程度にしか出られないなあと言っていました。

版画制作に忙しくて!?PCは全く使わないのでHPもありませんが
作品にはファンがついているようで、秋には銀座の兜画廊で作品展するそうです。

版画を彫り始めてからまだ18年だよ~。と笑っていましたが
すっかり版画人になっているんですねー。
しかし最近のアイドルを光GENJIとか言ってたのにはギャフンでした~(今時ギャフンていうか~^^;)/
ちなみに彼は昔の芝居仲間です(^0^)/

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

げーじゅつの冬・木版画展

今日の東京〜神奈川あたりは日中 おひさまぽかぽか。気持ち良く晴れていました。前項でお伝えした 竹村 健さんの木版画展に行ってきました。この作品タイトルは【天使の贈り物4】です(o^o^o)nec_0071.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

木版画展のご紹介

藤沢駅近くの画廊でともだちが版画展を開催中です。

行ってからご紹介しようとおもっていたのですが。。。
月曜までの開催なので、お近くにお運びのかたは寄ってみてくださいね。

竹村 健 木版画展 (1/15~30)
湘南画廊:11:00~18:00 

役者として活躍中に事故で方向転換。
俳優として培われた表現力と豊かな感性。。
繊細さと大胆さがあり、独特の世界をつくっています。

父君も映画に関連したお仕事をされていたそうですが
今回、水彩画を賛助出品されているということです。

竹村 健 紹介
http://www1.linkclub.or.jp/~nima-s/nirei/artists/takemura/

http://www.agmuse.co.jp/artisttakemuraken.htm

湘南画廊
http://www.shonanmonogatari.com/members/DB/s0000141.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

冬の庭:ロウバイ:2

ソシンロウバイは【素心蝋梅】と書くようです。
植えてもらったときはほんとに枝だけみたいだったのですが、
だんだんつぼみがふくらんで、
きいろのかわいい花が開きはじめました。
とてもいいにおいがします。

****************

実はこの蝋梅は母からの注文だったのでした。

一時間以上かけて来てくれる若い植木屋さんは
毎年、一番おわりの日曜日に時間を空けてくれていたそうです。
元々はこの近所に住んでいたので、こちらに寄ったついでに
旧友たちと会うこともあるんだそうです。
離れて住んでいるので、母の旅立ちも知らなかったのです。

「そうだったんですか。。。奥さんから、いいのがあったら。。
といわれてましたがどうしましょう?」
「もちろん!予定通りにお願いしま~す(^^)/」

ということで、ソシンロウバイは我が家の庭の一員となったのです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

冬の庭・ロウバイ:1

年末に庭師さんに手入れしてもらったとき、ソシンロウバイを植えてもらいました。nec_0066.jpg

とってもかわいい きいろの花です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

バトンた~っち:名前バトン

なさまんばんは♪

満月のひとりごと♪の満月(みつき)さんから バトンをいただきました。
バトンた~~っち!!

名前のことってみんなエピソードがありますよね~。
では 開始です。

    ☆☆ 名前バトン ☆☆  

● あなたの名前は?
 
 ぶろぐNAME cosmos:こすもす です~♪

● その由来は?
  
  いろんな色で咲くこの花のたたずまいがすきでして。
  宇宙にも繋がりそうな。。(^0^)/

● 差し支えなければ本名を教えてください

  本名~ まあ差し支えはないんですけど。。
  割愛させていただきましょ~(^^)/
  ちなみに 男女ともにある名前です。
  
● その由来は?
  
  それがですね、、父方の祖父が「蘭子:らんこ」 両親は「小径:こみち」を希望。
  おじいちゃんは 「そんなせせっこましいのはだめ~!」と。。
  両親は ~子ではないのがいいとおもったそうです。
  で、折衷案ででできたのが!? 今の名前です。
  しかし、どっちにも似てない読みです。はははっ。

  決して珍しい名前ではありませんが文字は意外に名前には使われていない字がひとつ♪これ、気に入っている文字なんです。

● 今までのHN
  
  ふはっ (^^;) 「中年探偵団」とか。。。!? 
  おやぢですかっ。。
  
● これまでに付けられたあだ名
  
  「もいちゃん」「ちょろ(み)」
  「チャロ(ックス)」「ひらちゃん」
   最近「○○りん」って呼んでくれる人もいます♪(照れっ)

   あれ~なんだかみんな【ちゃちちゅちぇちょ】だぞ。。

● 可愛いと思った名前

☆ ココ・シャネル!(さっき満月さんのキムタクファミリーのお子さん方のお話を読んだせいかな!?)
☆ マドリちゃん!(妹のともだち:しかし、お父上が設計士とは。。聞かなきゃよかった!?)
☆ ゆう(木綿)ちゃん!(知人のお嬢さん。女優で浜木綿子さんっていらっしゃいますね。。)
☆ あかり(星)ちゃん!(これも知人のお嬢さん)
☆ リコちゃん!(息子の友達の妹)
  ほかにも いろいろ。。。

 勝手に番外★こどもにつけたかった名前。。★

 「あとむ」「うらん」「きらら(雲母」・・・鉱物系だな~手塚治虫、宮沢賢治ファンのせいですか。
ほかにも「ほづみ(穂積)」「るい(塁・類)」とかね。。。
結局 音楽にちなんだ文字がふたりに入っています。

● 大切な人になんて呼ばれたい?
  
う~ん 相手によるけど、お友達に苗字で呼ばれるのはちょっとさびしい感じも。。
誰にでも フレンドリーに自分の名前で呼んでもらうほうがうれしいですっ。

小学校~高校あたり、同じ苗字の人がいたので、名前で呼ばれるのが習慣的でした。
結婚後は連れ合いの苗字だしね。。!?
そのせいか苗字ってぴんと来ないような。。(いーかげん慣れましょーよ^^;)
  
● 本名とHNどっちが好き?

  どっちもおなじくらい。
  
● 生まれ変わってもこの名前がいい?

 次回はまた 別のを選びたいです♪
  。。。って 実は自分の名前は 自分でつけるのだそうですよ(^0^)/

 身近な誰かなり名づけ親なりに チャネリングして
  名前を決めちゃうわけですね・・・・・ ふ・し・ぎ♪
  
  
● バトンを回す人
  
 では~

★はちゃめちゃHM-LINEさん:もうやってらっしゃいますか~?

★くろじいの小屋のくろじいさん:掲示板とかでできたらおねがいしま~す。

★AZ TIMEのAZさん:これまたもうやってるかな~。まだならおねがいね~。

そのほか、遊びにいらしてくださるみなさま!もしよろしければ ご持参くださるか、こすもすのコメント欄で書いてくださるってことでも結構ですので、バトンタッチしてくださいませ~。
皆さんの【名前について】ぜひ、お聞きしたいでーす(^^)/

★楽しみにまってま~す★

| | コメント (6) | トラックバック (2)
|

雪の日:アジャのこと

今日の東京は未明から雪となり、朝目覚めるとうっすら雪化粧になっていました。
こねこのアジャは昨夜見かけなかったものの あまりの寒さに、ひょっとしてとおもい、外階段のしたに ダンボールの小屋はそのまま置いておきました。

すると案の定 今朝はその箱のなかから「みゃあ」と声がしました ⇒ 「
。。。できれば どこかで過ごしていて欲しかったのです。
どうやら 野良 決定!?とみてよいのだろうかとおもいました。。

まずは、雪がかからないように シートで囲いをして ホッカイロをいれたちいさなひざ掛けをいれました。ダンボールの蓋をたらしていたせいか、前はなかなか入らなかったのですが、今朝はすんなり戻りました。よほど寒いのでしょう。
ムートンの古いクッションくらいでは寒さなんて防げない。
胸が痛む気がしました。。。。部屋にいれたいけれど。。。

その後わたしは終日仕事に行っていて、戻ったときは不在。
しかし、アジャの部屋の敷物がぬれていたので 濡れた足で出入りするためだと思い至りました。

そこで先ほど、おもいきって小屋を雨、雪がかからない場所に新設しました。
これじゃ ないしょの小屋じゃなくなっちゃう。。(もうばれてるだろうけど^^;)
ちょうど昨日届いた深さのあるダンボールと梱包財として入っていた 大き目のぷちぷちで中を囲い、新聞や古着を敷き込んで、保冷財を暖め(余談ですがコレ使えますよ^0^)下にいれました。

新しい小屋をもっていくと、アジャは元の小屋にいました。
近寄ったのがわかると出てきて、キャットフードを夢中でたべて、ちょっと考えてから?新しい小屋に入りました。
出たり入ったりしながら 奥のほうに行って毛づくろいもするので、どうやら気に入った模様です。

ああ、なんて中途半端にかまってしまっているんでしょう。
このあと どうなっていくのか。。。 私にもアジャにもわかりません。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

宮澤 賢治さんのことば:1

連れ合いがどなたかにいただいた【06、賢治の暦】より

1月   いまやわれらは

    新たに正しき道を行き

    われらの美をば

    創らねばならぬ      賢治

☆ 少しずつ 宮澤 賢治さんの ことばを紹介していきたいとおもいます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

さいきんのアジャ

これ どうなってるかわかるかなあ。私の足元です。出掛けるとき 帰ったとき いつもいるわけじゃありませんが、居ればこんなふうに両足の間にすべりこんでぐるぐるまわり。
最近夜遅くには見かけません。
どこかに寝場所があるのかも。。nec_0062.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

ひゃ~ もうすぐ3000(*0*)

みなさま こんばんは~♪
いまPC開いてみましたら カウンターがあとちょっとで3000カウントです!!

ブログのなんたるかわかっちゃいないまま(^^;)こすもすのたねまきを開始してはや4ヶ月。。。
みなさまにお立ち寄りいただけてとってもうれしいです。

(^0^)ありがとうございま~す(^0^)/

もし3000ヒットを踏んだ方がいらっしゃいましたら。。
おまけはなんにもないんですが。。(^^;)。。スマソです。。 
記念に一文字でもいーんでコメント残していただけたらうれしいです。

あ!これって来てくださった方にプレッシャー!?
気がつかなかったらいーんですよっ。はははっ(^^)

(^^)♪よろしくおねがいしま~す♪(^^)/~

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

冬の風物詩

満月のひとりごとさんの記事を読んで、子供のころに母方のおばあちゃんの家(群馬)でお正月にみた飾りを思い出しました。
この地域では建物の2階部分で養蚕をやっていた名残で広い2階に通じる急な階段がありました。
階段はこどもは登ってはいけないことになっていて、結局最後まで登ったことがないのです。
子供たちにとってはなぞの空間! のぼってみたかったなあ~

階段脇の天井近くに一抱えくらいの木が飾られ、枝に小ぶりのピンポンだまくらいのお団子を刺してあります。
「オマエダマ」と記憶してましたが「オ繭ダマ」の聞き違いなのかもと後日思ったりしてました。
これを「どんど焼き」で火にかざし、皆で食べるそうです。

家では、母がおやつに上新粉でお団子をつくり、焼いてお醤油やたれをつけてたべました。
もちもちとして香ばしい、なつかしい食べ物です。
各地域ごとに、こうした無病息災をねがう行事があるのでしょうね。
こどもたちにも伝えていけたらいいですね~(^^)/

| | コメント (3) | トラックバック (1)
|

げーじゅつの冬:日本画展

日本橋三越ギャラリー:後藤純男さんの日本画展にいってきました。

濃紺とやや淡い紺~濃いグレーと霞みたつグレー~木々の深緑とすがしいみどり~~

四季に彩られ 次第に黄金いろに光り始める風景 建物

そこここの空気の色の変遷が描き出されているみたいに感じました。
なにか とっても臨場感があって するどくもたおやかな表現にすっかり魅せられてまいりました。

もともと、日本画の生!?に接する機会は少ないですし、まして画壇のことはわかりませんが後藤さんはその重鎮でいらっしゃる方だそうです。近影は穏やかな笑顔がチャーミングなお方(失礼^^;)

その心象風景は精神性の高さを物語っていました。
ちなみに 後藤さんは真言宗のお寺で生まれ育ったのだそうです。

実を言うと、印刷された絵画では日本画にそれほど魅力を感じないのですが、やっぱり現物がいい!ですね。
残念ながら 三越会場は本日最終日でした。

http://www.mitsukoshi.co.jp/nihombashi/sumiogoto/

昨日と比べ、すこーし寒さがゆるんだ東京でした。
誘ってくれたおともだちに感謝~♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

GOOD BYE 本田さん

JAZZ PIANOの本田竹曠(タケヒロ)さんが旅立たれました。

1970年代には『ネイティブサン』で一世風靡?してたのでご存知の方も多いとおもいます。

わたくし 好きなJAZZMANはおおいですが 本田さんのソウルフルでブルーズィ、熱い鼓動のピアノタッチがと~っても好きなのです。

学生の頃はJAZZ屋を中心にアルバイトしていまして、今や伝説のJAZZ CLUB【JUNK】や【PIT INN】【次郎吉】等で本田さんの演奏を聞きました。渡辺貞夫さんのグループにいらした頃~自己Gですね。

本田さんは2度の脳出血で左半身まひとなり、その後リハビリをして、半身マヒとは信じられないくらい弾けるようになっていらっしゃいました。ご子息の珠也さん(Ds)との親子競演もすばらしくて感動でした。。

病気されてからは アグレッシブさを芯に残しつつ スピリチュアルな感性が磨かれたような印象でした。
旅立ちの前日まで次郎吉でライブ演奏されていたそうで、またまた感動をのこしてくださいました。

♪♪♪しし座のタケヒロ!永遠に♪♪♪ ありがとうございました

    ここで 本田さんの最近の 演奏が視聴できます

     http://www.teichiku.co.jp/artist/honda/

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

お芝居。。両国へ

今日の東京は つめたい雨でした。知人にお誘いを受けて お芝居を観に両国に行きました。回向院の隣、シアターX(かい)に向かう道筋には お相撲さんの銅像と下の土台部分にいくつもの手形が押してあります。
にんげん座の【浅草あの頃】浅草六区が華やいでいたその頃。SKDの国際劇場、軽演劇、あちゃらかウエスタン!村井しげるさんのアコーディオンと、時代をゆったり通り抜けてきたことを感じさせるうた。
男装の麗人 レビュウ 。。 コント「マル サンカク」 は出色のおもしろさ!
ぎっしり楽しませてくれる舞台でした。
といっても 私は同時代ではないのですが(*^_^*)
日本の時が、ゆったり流れていた時代のようにおもえました。

         明日までの公演。

あしたは花魁(おいらん)ショーもあるそうです(o^o^o)nec_0058.jpg

http://asakusa-koma.seesaa.net/

http://blog.oricon.co.jp/usanamix/category_7/

↑こちらは 出演者のリモさんのブログです

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

模様替え:黄色いクレヨン

まいにち きびしい寒さが続きますね。

年が改まってからはや1週間。

すこし気分をかえて 春の足音をたねまき(^0^)/

豪雪地域のかたも 南国地域のかたも

金運につながる きいろで日常スタートしてみましょ~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

こどもびいる

下記 《こどもののみもの》に寄せられた STORIES(おもしろ絵話)さんからのコメントで《こどもびいる》というのがありまして、おもわず検索しちゃいました。

ありましたよ~♪

http://www.tomomasu.co.jp/kodomo/

それと 以前 STORIESさんのところにコメントさせていただいた《おとうさんのアルマニャック》もついでに見てくださいね~。

http://store.yahoo.co.jp/yamaichi/22002.html

デュカス ファーザーズボトル 40度もあるお酒です。

このあそび心がだいすきで~す♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

こどもののみもの

毎度 画像ぼわっとしてますが|(-_-)| 
サカモトが飲んでいたやつ でございます。         

こどもののみもの・あわだち飲料。
 キャッチコピーは 赤い文字で こどもだってカンパ〜イ です
びんの形はビール状。茶色のびんです。
\(^_^ )( ^_^)/nec_0051.jpgき きもい。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

七福神・布袋さま

まいにち 本当に寒いですね

各地にたくさんの 七福神さまがいらっしゃいますが 今年はご縁があってこちらに伺いました。池上七福神のうちの布袋さまです。お正月は寺の本堂に移され、お飾りでにぎやかです。

近いうちに 他の神様のところにもご挨拶しにいこーっと(*^_^*)nec_0050.jpg

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

母は留守

昨春に母が旅立ってから 父は一人暮らしです。

玄関も別だけどおなじ建物の階下にいるので 食事もなんとなく一緒にとったり、時間の合わないときはおかず等を運んだりしています。

とても元気にしていてくれてしあわせです。

外食も苦にならないタイプなので、日中は出かけていってどこかでランチしてきています。

年明けに食卓を囲んだとき、「今年はおばあちゃんが留守なんでおじいちゃんからお年玉を渡しておこうね(^^)う~ん、幾ら位渡したらいいんだろうね。。」と。(孫=サカモトに。)

父にとってはしばらくは留守中の母なんですね。な~んでも母にまかせっきりだったのでお年玉を渡すってことにもよく気付いてくれたものです。

もともと外出の多かった母なのでたしかに旅行に出かけているような感覚が家族の中にもいまだにあるのです。

きっと 見えないだけですぐそこにいて(^^;)←こんなふうなんだろうな。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

A HAPPY NEW YEAR ♪

あたらしい年になりました。
ことしもよろしくおねがいいたしま~す(^0^)/

いちにち遅れですが テンプレを新年仕様に変えてみました。

たくさんのHAPPYに出会える一年でありますように。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »