« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

ある日のランチタイム

Nec_0372_2 先日 どーしても食べたくなって ψ(*`ー´)ψ 仕事場付近の中華屋さんにいきました。

以前 『とりあえずインドが好き』のけいさんが

同じ職場のとき、たまに一緒に行き、けいさんはたいてい『ホイコーロー(但しピーマンとねぎ抜き!)の定食』

私は迷った挙句たいてい『天津麺』でした。

お店の人は けいさんの好みを知っているので

「はい~!ピーマン抜きね~!」といってました((o(・∀・`o)ドモ★**★なつかしいね

このたまごたっぷりな天津麺。たまにとってもたべたくなります(人´∀`)♡ラぶv

Nec_0373 かえりにぷら~っと 多摩川べりにお散歩。

日差しが強いですが 川面をわたる風がとっても気持ちいいですヽ( ▼∀▼)ノ フォー!!

Nec_0383_1 仕事場のビルに向かうとき お日様が気持ちよく。。。写真を撮ったらこんなキレイな光彩がでています。

Nec_0384 木漏れ日もこんなに美しく。。

なんだかしあわせなランチタイムでした~

☆☆☆(o^□^o)☆☆☆  

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

唐辛子:刺激を求める家系!?

我が家では 食事の折、唐辛子を使う人が多いのです。

Dscf1695 なにやら たくさんあるなあ(*´・ω・)ノとおもってならべてみたら。。。

こんなにたくさん (≧∇≦)

好きだというのを知っていて 知人が京都のなんとかというお店に行くたび調達してくれるので 殆ど頂き物なのです。ありがたや~

(人-ω-)。o.゚。*・★THANKS★・*。゚o。(-ω-人)

Dscf1692_1 拡げたらこんなにありました(;^_^A

みんな おいしいのです(●ゝ∀・●)♪♪

刺激を求める家系かしらん!?

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

ねこたちの関係(*^o^*)

Dscf1714_1 その後のアジャですが とっても元気にしています(○´∀`)ノ

四肢と顔に白いところがあるのがアジャです。
パキは満月さんとこのサクちゃんに良く似ています。

パキがいっそうアジャに寄り添い、人懐こさを武器に我が家にも当然のような顔で入ってきてます。

 それぞれリビングの椅子で爆睡していたり。。

(≧∇≦)人(≧∇≦)

いつのまにかこうやってアジャのくつろぎ場所に入り込んだり。。

.:*゚・;*:(●´∀`)大スキにゃ♥♥.:*゚・;*: ってかんじです。Nec_0360 Nec_0361_2 Nec_0358

パキには飼い主がいるのでは!?とも思うのですが、とにかく人懐こくてとっても甘え上手です☆ラヴ(゚∀゚)b

ほかに とろやま太陽さんが気に入ったシッポシマも訪ねてきますが 彼はおそるおそる餌を取りに来て パキとアジャの残した餌を食べたりしています。

Nec_0369 向こうにシッポシマが来ました。
手前左がアジャ 右の大きいのがパキです

Nec_0368 シッポシマなにげに近づいてきます。
アジャも 少々同情。。。

Nec_0370パキがその場を離れてから アジャがシッポシマにチュッ!(;^_^A アセアセ・・・ この子はなんて 博愛主義者なのだ~

ミンナ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )トモダチー♪ってか。

うんうん それでよかですたい

━━(。-ω-)ノ━(。・ω・)ノ━(。>ω<)ノ━━

*各写真クリックしていただくと少しだけ大きく見ていただけます

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

幸せのホームページ(ж^□^ж)ノ

日本列島 まだまだ梅雨明けに至らず。。

各地の大雨被害も甚大で こころが痛みます。

どうかこれ以上の被害が出ませんように。

あちこちで 信じたくないようなニュースも飛び交い。。

気分が どよ~ん としちゃってる方々もおおいですね

σ(・´ω・`*)─(´・ω・`)。・゚・(*ノД`*)・゚・。 シクシク

そんなあなたやわたしにぴったりな。。。。o.゚。*ヾ|。・c_,・。|ノ

すてきな HPをご紹介しちゃいますね

本多時生さんの【幸せのホームページ】です。

たまに伺って 『ハオハオの森』 で漂ったりします。

ここにいる ふくろうちゃんがだいすきですヾ(〃^∇^)ノ♪

よかったら 覗いてみてくださいね~(ж^□^ж)ノ

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

富士山の帰り道:立ち寄り温泉

さて 一所懸命の二日間の締めくくりに とってもきもちいいプレゼント。

バスツアーに温泉立ち寄りがついていました。

Dscf1805 温泉寺(おんせんじ)という日帰り温泉です。

名称から お寺に温泉が?とおもったのですが

お寺ではありませんでした(*^o^*)

玄関の横には立派な神棚が祭ってありましたし(pq・c_,・。)

Dscf1800 もともと 個人の邸宅だったそうで、手入れの行き届いたすてきなお庭が見事でした。

あまり熱すぎないお湯がやさしく 登山で疲れた身体を癒すには最適でした♪

中で食事もできて、私たちはほうとうをいただきました。

 宿泊も可能だそうですよ。

ゆっくり出掛けるのもいいなあとおもいました~♡♡♡(0^□^0)♡♡♡

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

。o.゚。*ハロー富士山②。*。o.゚。

山小屋到着のときは みな全身ずぶ濡れで、寒さに震えていました(≧ω≦人≧ω≦))

途中でリタイヤせざるを得なかった方も数名いらっしゃいました。

私たちは14名のグループでしたが 危機を乗り越えつつ 全員無事八合目まで到着できました。。。感謝。。。(人´∀`)♡

当初の予定では夜、早めに休んで 深夜2:00ころの出発で頂上を目指し、4時半すぎのご来光を拝して、余力のある人は富士山郵便局等を回ってくるというものでした。

しかし、激しい荒天のため 危険も伴う出立でしたからグループの長老(●^□^●)ハハ cosmosさんは 朝まで山小屋にとどまることとしました。

主に、ワカモノたち9名は 雨が小康状態になった頃 勇敢に登頂を目指し、4時間ほどあとに無事帰還しました。といっても 出発の後またもすごい風雨になったので、最後に待ち受けるというきびしい岩場で危ない目にあっていないか とても心配でした。

ちょうど山小屋で一緒になった 山梨県の消防訓練生のみなさんが小1時間遅れて出発したのですが、途中で追いついて ━━.+゚ヽ(o`・∀・´)ノ.+゚━━すばらしい激励をしてくれたそうです~♡♡♡(0^□^0)♡♡♡ ラッキー!!

山での出会いっていうのは ふしぎに清々しいですね。

今回は 外国の友人同士 ファミリーなどにもたくさん遭遇しました。

このような荒天で残念ながら八合目でもご来光は拝めませんでしたが、これはこれですばらしい体験です♪

Dscf1770 帰り道は ほとんど深めの砂利道で、かかとに重心をかけて降り続けます。

朝七時の八合目山小屋出発当初はまだ 激しい風雨で 写真も撮れませんでした。

これはだいぶ下ったところの 雷よけのシェルター横です。

Dscf1775 かなり下ってから やっとお日様が姿を見せてくれました。

日輪になっていますね~♪

Dscf1791 もっと下ると 木が横向きに生えている一帯に行き着きます。

これは 冬季の雪の重みで こうして横になって生えているのだそうです。 

Dscf1793 こちらは まぼろしの泉瀧。

昨日出発まもなく通過したあたりです。

ここまで来たらゴールの五合目はもうすぐです。

靴の中でゆびが摺れて皮がむけちゃいました(;´∀`)
下りは膝の負担が大きく 登頂で体力を使いきった数人にはかなり厳しい下りでもありました。
Dscf1795

下になればなるほど 緑が増し、草花も増えてきます。

そして 五合目にゴール!Dscf1723 

 

|′艸`●)*・゚゚・*ォメデトゥ*・゚゚・*(●′艸`| 

小御嶽神社さま

ありがとうございました~

☆☆☆(o^□^o)☆☆☆

*各写真 クリックすると少し大きめにご覧いただけます*

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

。o.゚。*ハロー富士山①。*。o.゚。

Dscf1722 各地で続く大雨被害 該当地域の方々には

お見舞いを申し上げます。

荒天の続くなか 7月20日早朝 都内をバスで出発。

午前中に河口湖口5合目(2330m)まで行って、一時間ほどかけて身体を慣らします。

このルートは吉田口ともいい とてもポピュラーなコースだそうです。

とはいえ 日ごろ全くの運動不足の私にとって これはたいへんな挑戦です(;^_^A アセアセ・・・

まずは 小御嶽(こみたけ)神社さまに 登山の無事を祈るお参りに。

さあ これから。。。アメダ、ヽ`、ヽ`个o(・ω・。)`ヽ、`ヽ、

しかし ぎんぎんに晴れていると 体力の消耗も激しいので 呼吸も楽な 霧雨程度の登り始めはとってもラッキーでした。

Dscf1727 Dscf1728 五合目をお昼頃に出発し、しばらくは フィトンチッドのシャワーを浴びながら気持ちのよい道行です。

Dscf1730  こんなふうな道をこつこつ登ります。どんどん空気が薄くなるのでガイドさんがしきりに 深呼吸を促してくださいます。

Dscf1735_1

雨に煙る道筋を さらに登り。。ときたま薄日が差し始めいつしか雲のうえに出ていました。

Dscf1736_1 雲海です。そらの色がとても美しいですね。

Dscf1739 おお!こんなに登ってきたのねヽ(´c_,`●)ノ

Dscf1757 刻々と変わる空の表情。

雲の流れがとても速いです。

そして こんな岩場も登ります。Dscf1758 

次第に 神様の領域に近づいていくみたいだ(*´∀`*)

Dscf1754 雨が降ったりやんだり。。。Dscf1760 ときに激しい風雨になったり。。のくりかえし。。私たちは 深呼吸に気遣いながらひたすらこつこつ歩くだけです。

このあとは 激しい雨風となって 写真を撮ることができませんでした。

私たちのツアーは『ゆったり富士登山』という初心者向けのゆっくり歩きのコースでしたが、やはり自然は過酷でもあり、、本八合目の山小屋到着は 六時をまわっていたと思います。

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

富士山にのぼります

明日 富士山にのぼります。

登山経験は中学校あたりからなかったのです。

先日の 高尾山 登りのハイキングコースが

実は練習でした(*´∀`*)

普段 あんまりがんばらないほうなので

明日~明後日は がんばるっていうのををがんばりま~す!?

じゃ!いってきま~すヾ(〃^∇^)ノ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ごめん アジャ③

さて 翌日、10時に アジャをむかえに行きました。

先生が 「昨日のことでこりただろう。あれだけ言えばダンボールで連れてくるのがどれだけ非常識かわかっただろう。。」と仰いました。

「はい よくわかりました。。」ゥ─σ(・´ω・`*)─ン…

アジャは!?!?

先生が奥の手術室から 昨日のケージを持ってきました。
大きめのバスタオルがかかっていたけど アジャと目があいました。

「おなかに こどもができてた。こどもがいる場合は値段が違うってことは言ったね。のみはいなかったから のみの追加はなし。」

「こどもって。。」

「4匹ね。まだこんな(親指と人差し指で輪を作り)だから 性別もなにもわからない。」

「そうでしたか。。」

「元に戻しても もうあんたのところには戻らないかもしれない。戻らないのが数日なのかずっとかはわからない。」

「はい。。。餌は。。?」

「もう元気だから 食べられる。
ケージはあとで 入り口に置いていけばいいから 声をかけなくていいからね!」

「はい。ありがとうございました。」 

このやりとり数分のうちに駐車違反の写真を撮りにきたのがわかり、他にはお話をお聞きできませんでした。

「ここは めったにやらないのに あんたもよっぽど運が悪いね!!」

「先生が気がついてくださったから 運がいいです(;^_^A」

「。。。。!あとで来ても声かけないでいいから!」

「あ、はい。置いていきます。ありがとうございました。」

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

アジャのケージを車の後部に乗せて 帰路につきました。

そのときの アジャの声を忘れることはできないと思います。
いつもは 「にゃにゃっ」とややかすれたような声をたまに出すだけなんですが、このときはとてもかなしい声で 訴えかけるような 大きな声で。

「みゆ~~ん」犬が悲しくて遠吠えするようなかんじの声です。

なんどもなんども鳴きました。。。そのたびに わたしは返事を返しました。
「うんうん。いやだったね。辛かったね。ごめんね。ごめんね。。。」

うちの近くに戻っても もう親しくなれるかどうかさえわからない。。
そうなっても当然といえば当然。

人間の都合で 不妊手術をして子供まで奪ってしまったんだから。。
アジャ ほんとうにごめんなさい。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

うちの階下に戻りケージを開けると アジャは 向かいの家の裏側に歩いていって見えなくなりました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

その足で ケージをお返ししに行きました。

ガラス張りの診察室に先生は 見えませんでしたが 言われたとおりに外に置きました。
くるまに戻って そちらをみると !? ありゃ もう ケージがありません。

ミステリー..._φ(`・ω´・ ●)ノ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

その日 昼から私は仕事に出掛け 。。

サカモトからは いつもと同じように 近所で会ったとメールが。

夜遅く 帰宅すると うちの玄関で アジャが寝ていました。
とっても 妙な格好で。。

Nec_0351 Nec_0357

昨夜は 慣れないところで 眠れなかったのかもしれない。。。

だけど まっるまって眠らないのはおなかの辺りがへんな感じなのも。。。ちなみに 傷口は 溶ける糸で縫合してあるということでしたが 寝ているとき見たら バンドエイドの10CM角くらいのものが 保護のために貼ってあるのでした。

アジャ~~ 帰ってきたんだね~~ ありがとう そして。o.゚。(・ェ・。`人)。o.゚。ゴミンネェ

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

ごめんアジャ ②

月曜の朝、サカモトとJAZZYが出掛けてから、私はずっとドキドキしていました。

ここに来て 避妊しようと決めていた心は ぐらぐら揺らいでいました。

昨日あんなことになったんだし このままにするべきか。。

Dscf1527 しかも おなかが大きくなってきたのでは?という気がして。。。つまりそれは 新しい生命も犠牲にすることなのでは。。。でも またBABYたちが生まれたらまたおなじように 避妊や不妊手術、それぞれの行く末を案じたとき 責任をとってあげられない。

だいいち 獣医さんにわたしだけで連れて行けるんだろうか!?

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

それで、、、アジャの近くに行って ひとしきりあやして遊んだ後、私はバスタオルをふわりとかけて、、そして 蓋を閉めたのです。

以外にも アジャはおとなしくしていました。

箱の横にあいている穴から顔が見えていて 「アジャごめんね。お医者さんに行くからね。。。」といいつつ 車の助手席に乗せました。

しばらくはおとなしくしていたものの、そのうち案の定 穴のところを爪で引っ掻き始めました!おなかが空いてるに違いない。食事は摂らせないで午前中に連れてくるようにとの約束だったからです。

それでもあまり声はださないのです。。。アジャらしい。。

以前、ひどい風邪でお医者さんに連れて行ったときもそうでした。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

かねてより手術相談していた 獣医さんに到着。

すると 先生にいきなり怒られました。

「あんた、なんで ダンボールなんかに入れてくるんだ!非常識にもほどがある!!」

「!?あ、すみません。。」

「こんなんで連れてきてどうするって言うんだ!!」

あれ!?獣医さんによっては 洗濯用のネットの入れてくるよう指定されるときいていたけれど、、特に言われなかったし、、┣¨キ(*゚д゚*)┣¨キ  どしたらいいの??
どっちにしても 怒鳴らないでくれよー。。

「こっち(手術室) 連れてきて!ここに入れられんの?あんた!!」

先生が指し示したのは やや大きめの金属製のケージでした。

どきどきしながら アジャに声をかけ 身体に巻いたバスタオルごと抱き上げてケージに。。。入るはずでした。。。

ところが、頭をケージの入り口に入れたところで アジャは渾身の力を振り絞ってきびすを返し、、、それからは もう たいへん

(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )上かと思えば下へ !!

「ア、アジャー!」

しかも 薬品だなに飛び乗って 端から倒していくではありませんか!

(:.;゚;益;゚;益;゚;益;゚;益;゚;益;゚;益;゚;.)ァヒャヒャヒャヒャヒャヒャ 。。。。。

アジャって こんなすごいジャンプができるんだ・゚゚・(/□\*)
夢であってほしい~~

先生は 「あんた これ どうするんだー!こんなことされて 手術なんかできっこないだろ!!」とカンカンです。

あれだけ部屋中をめちゃくちゃにされたらあの先生でなくたって怒ります。

「すみません すみません ごめんなさい。。」ひたすら謝るしかできませんでした。

ほんとうに とんだ迷惑をかけてしまいました。

アジャにしてみれば 身の危険を感じたのですから当然です。

大立ち回りの末、私は棚の隅に隠れていたアジャを先生が貸してくれたゴム製の分厚い手袋とタオルで捕まえました。

il||li _| ̄|○ il||li アジャ そして 先生 ごめんなさい。

散らばり 倒したものを片付けながらどうしたらいいか 頭が混乱していました。

ケージに入れて タオルをかけると もうアジャは暴れませんでした。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「そっち(診察室) 行ってて!!」

「はい。。。。」

「今日のことは100パーセントあんたのせいだからな。この猫の性格が悪いわけじゃない。殺されるかもと思ってるんだから!まったく こんな非常識な奴を紹介するなんて。!!」

繰り返し 言われました。

しばらく 呆然としたまま 診察室で待ちました。。。

そのうち 先生が出てきて 「本当はもう手術なんか断わるつもりでいたんだが、ちょっと怒りが収まってきたから。。だけど元はといえば悪いのはあんただからな!」

「ご迷惑をおかけしてすみませんでした。」というのが精一杯でした。

それから 手術にあたっての 諸注意

 麻酔をかけることへの承諾等々。。

「明日 午前10時に引取りに来て。そのときはこのケージで連れて行ってすぐ返して!」

「はい。。」  呆然としながら 帰宅したのです。

先生が 『この猫が悪いんじゃない』と言っていらしたのがせめてもの救いでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ごめんアジャ ①

さてさて 7月10日月曜日 。。

日曜の我が家は つれあいJAZZYが帰宅します。

彼は相変わらず 『ネコだめ派』でして

(ノ`Д)ノ<怒怒怒怒怒 凸(▼▼メ)

アジャを家には上げません。

アジャが来ようとすると「あじゃぱーヾ(-_- )ゞ」と一喝!
伴 淳 さん 知ってますか?)。。。なんのこっちゃ。。。

よって、 階下のダンボールハウスでゆったりするアジャなのです。ちなみに他の猫たちも遊びに来てたりします。

私は くつろいで安心しきっているアジャを だまし討ちみたいにせざるを得ませんでした。o.゚。(・ェ・。`人)。o.゚。ゴミンネェ

実は 日曜の朝JAZZYの帰宅前にサカモトと一緒に 獣医さんに連れて行こうと試みて失敗したのです。

箱に入ったまま 身じろぎもせず。。アジャはサカモトを信頼しています。

「あ~よかった。大丈夫だね。。」と言ってまもなく、私が車のエンジンをかけたとたんびっくりしたアジャは箱から飛び出し逃げました。

あわてたサカモトが 様子見に戻ったアジャを抱き上げようとすると!━━.+゚ヽ(o`・∀・´)ノ.+゚ 〝バリバリ~〟「いててて~!!」

サカモトの腕やらおなか(Tシャツの上からひっかかれた)には蚯蚓腫れが!!

この日は あきらめざるを得ませんでした。  (続く)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

今夜のアジャです♪

Dscf1712  (*^▽^)ノみなさま こんばんは♪

 海の日ですね。

 諸事情で 更新が遅れておりまして

  その間にも皆様にお越しいただいて

  とってもうれしいcosmosでっす(*´∀`*)

さてさて 前回の記事は アジャの手術予告のようであり。。

その後の顚末をお知らせしなくっちゃいけませんよね。。。

まずは これ今夜のアジャです。

Dscf1713 Dscf1699

まっ こんなかんじで 元気にしておりますのでご安心くださいませ

ヾ(*'-'*)

みなさまにお心にかけていただいて アジャもしあわせものだなあ

       ☆・*:・゚d(*・∀・*)b・*:・゚☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

しあわせなアジャだけど

しあわせなアジャだけど

昨日の朝のアジャです。
日曜は 猫が苦手なツレアイに遠慮して!?部屋には入ってこないのです(^o^;で、階下の、前にアミィと過ごしていた段ボールハウスに入ってうたた寝中です。
実はこのあと、獣医さんに連れていき、不妊手術してもらうとこなのです。
自治体の 助成金補助を受けられることになったからです。
このあとの顛末は、また次回お知らせしたいと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

おしらせで~す(^^)/

みなさま こんにちは(○´∀`)ノ

各地の台風や大雨等の影響はいかがでしょうか?
ここ東京城南地域は蒸し暑い日が続いております。

このところ 記事の更新がうまくいかないようです。
【ココログ】のメンテナンスかはたまた我が家のPCの不調か!
おそらくは 両方~~・゚゚・(/□\*)・゚゚・わ~ん

コメントをお寄せくださった 皆々様 
毎度遅いレスポンスでごめんなさい・:*:・(o´д`o)・:*:・ 

前記事のhawkさん shuuさん ゆりあさんへの返信 入っておりますので ご覧いただければ幸いです。

(サイドバーに投稿反映されていません――◎)ノ+o+)ノ)

この記事もうまく載せられるか ちょっと不安もありますが

また 記事作成してみますので 気長にお付き合いくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

星に願いを

一年の半分を折り返し はやくも七月です。

なんだかんだと あわただしい日々が続きました。

昨夜は七夕。

七夕は 私の記憶では夕方から天気が芳しくない年が多いような。。

織姫 彦星の年に一度の逢瀬が叶わないのかと 気の毒に思っていた幼き日。

でも 実は雲の上は 雨に左右されない 星空なのですよね~

オリヒメ~・*:・゚☆ラヴ(゚∀゚)b―♥♥――d(゚∀゚)ラヴ☆・*:・ ヒコボシ~

Nec_0349_1 これは JRの駅に飾られていた七夕飾りです。

みんなの夢が びっしり書き込まれてカラフルですね。

Nec_0346 こちらは 有楽町の国際フォーラムにある 相田みつを美術館のちょっと オトナの雰囲気の七夕飾りです。

『願』の文字は 相田みつをさんの書です。

企画展『道への道』というのに行ってきまして

だれにも 思い当たるような 人間賛歌がたくさん(*´∀`*)

ココロがホロッとしましたです~。

星に願いをこめて  ☆☆☆(o^□^o)☆☆☆  

わたしも願い事をしたためてまいりました~♪♪♪

みなさまの願い事が七夕さまの夕べに 天にとどいていますように~~ヾ(*´∀`*)oc

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »