« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

湘南の海

湘南の海
沈みゆく夕陽です。

満月さんのおうちに 近いのかなー(*^_^*)ノ

携帯より♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

だーれだ?

だーれだ?

 
全国的に寒い日がつづきますが、みなさま おげんきですか?(*^_^*)ノ
 
さぁて、このこはいったい だれでしょう!?
 
そうです♪
アジャのこどもの 旧名『アミー』 現在の名前は『グリちゃん』でございます♪
お友達のお宅に引き取られたときは まだ あかちゃん猫でしたが、すっかり一人前のレディのようです☆彡
『クーマ』と『オウジ(王子!?)』という お兄ちゃんたちのあいだで ハンパじゃないお転婆娘ちゃんでいるそうです。
 
あたたかいご家族の愛情をたーくさんもらって、ほんとうに幸せな猫なのです。
我が家には、昨年のお盆の猛暑のあと はじめにパキが、その後、アジャも、、泊りに来ないばかりか、姿がみえなくなってしまいました。
人慣れしているし、きっとどこかのお宅で、室内飼いされていると信じております(*^_^*)ノ
 
『グリちゃん』は足にかかる模様まで アジャにそっくりです☆
 
みんな 幸せでいてねー♪
 携帯より。。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

初春の旅:諏訪大社と七福神

(*´・ω・)ノ ・゜:*:゜

 初春をめでたくお祝い申し上げます

  今年初の投稿です。。。

    遅々とした更新であるにも関わらず 

    ちょくちょく “こすもすのたね”を覗いてくださる 

       皆々様に 感謝申し上げます

      ♡♡♡(0^□^0)♡♡♡ 

  

  さて 松の内 1月3日に “諏訪大社と七福神めぐりの旅”に

  いってまいりました~(*´∀`*)

  元日から びっくりするくらいに ピカピカの晴天続きでしたが。。

  この日もペカペカ!?に晴れ渡る一日でした。

  長野は 前夜雪だったようで あちこちに雪がありましたが

  このペカペカのお日様に照らされて 歩きやすく道があいているのでした♪

  こいつぁ春から。。。(*´・ω・)ノ ・゜:*:゜LUCKY☆・゜:*:゜

 こちらは Dscf4710_3 最初の 諏訪大社・上社・春宮 です。

Dscf4727_2

 ちょうど祝詞もはじまり 巫女さんたちが粛々と 立ち働いていらっしゃいます。

 このあと 諏訪湖畔をぐるりと囲むように祀られている七福神さま を

 次々お参りいたしました。

Dscf4719_2 最初は 大黒天さま 

なかよく弁財天様もいらっしゃいました。

雪の残る斜面です。。。

Dscf4733_2

次は 弁財天さま

とってもいろっぽくてかわいいお方です。

シャッターを切る

男性陣も みなさんしあわせそうな!?。。。(ж^□^ж)ノ

Dscf4744_4 布袋さま のいらっしゃるお寺は

 高台にあって 鐘楼や入り口の門が

 まるで額縁のようになって

 諏訪湖方面を見晴らせます。

Dscf4747_3

恵比寿さま のお社は 諏訪大社・下社・秋宮の 敷地内にあります。

Dscf4754_2 残念ながら お顔は拝見できません。

Dscf4758_4

ふっとい 注連縄です~━.+゚ヽ(o`・∀・´)ノ.+゚

Dscf4766 道筋に 温泉が湧いていて

 てのひら浴させてもらえました~♪

 あったかいのっていいですねー*。゚o。(-ω-人)

Dscf4778_2

にっこにこの笑顔で迎えてくださった 寿老人さま

Dscf4789_2 毘沙門天さま には

おおきな目で ギロっと見据えられました

。∠(*゜∇゜*)☆あけおめー☆└*・ェ・*┘

でございますー。。。どぎまぎ。。。

Dscf4801_2

 福禄寿さま の ながーいオツムには きっとたくさんの脳みそと知恵がつまっているに違いない。。。(人´∀`)♡。。。あれっ!? なんか 不謹慎でしょうかー。。。

Dscf4806_2 帰りの頃は 夕闇が迫ってきて

 街のあかりがチラチラと光り、

 それは美しいパノラマなのでした。

 諏訪は南北のアルプスを控えた壮大な地域なのですね。。

 美しい山並みの向こうに 富士山のようにみえる頂は 諏訪富士といわれる山だそうです♪

 *各写真は クリックで大きくご覧いただけまーす*(^0^)

   まずは 新春に 皆様にも 福 をお伝えしたく。。。

   おつきあいありがとうございます。。。(ж^□^ж)ノ

   ★ それでは 本年もよろしくおねがいいたしま~す ★

  

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »