« 秩父巡礼:三回目 | トップページ | ☆しあわせな夜(;_;) ノ »

鞍馬・貴船へ

先週 金曜(18日)夜、嵐の東京を深夜バスで出発。

京都 洛北の 《鞍馬寺》から《貴船》に向かいました。

早朝の京都は すでに雨が上がって うすぐもりから次第に快晴に

さあ これから 山道です~~

Dscf6519

鞍馬山 入り口。。。いよいよ 天狗さんにも会えるかなっ

Dscf6523

ここから ずっと 上り坂 鞍馬山に入っていきます。

Dscf6549

途中にある 《由岐神社》 ご神木の“願掛け杉”をはじめ たくさんの末社が印象的に段々になってならんでいます。

Dscf6581

どんどん 山深くなっていきます。

石の階段や 山肌には ピンクのさくらの花びらや赤いツバキの花が彩りを添えてとても美しいのです。

そうして、、、、、本堂に到着。。。

Dscf6589

ここで五月の満月にはウエサク祭が行われるのですね。

Dscf6592_2

この先は 奥の院にになります。。。

Dscf6607

左は与謝野鉄幹・晶子さんの庵を移築したお部屋。

とてもシンプルに 過ごされていたことがわかりますね。。。 

Dscf6618_2

さらに。。。山道を進みます。。。

Dscf6628

。。。“木の根道”を越えて。。。

いよいよ 《魔王殿》!!

金星から降りた“尊天” サナート・クマラさまにご挨拶をいたしました。

Dscf6631

ここから貴船に抜ける下り道には なぜかフシギなカタチの植物がいっぱい。

Dscf6645 

Dscf6640

Dscf6647

Dscf6648

Dscf6649

自然はほんとにアーティスティックだなあ。。。

Dscf6697

貴船側に降りると 鞍馬とはかなり違う雰囲気です。

Dscf6659

こちらで “貴船そば”の昼食、ゆばのお茶づけや柴漬けなどを購入

貴船神社には 水に浮かべると文字が浮かび出るおみくじがあります

Dscf6673

Dscf6675

Dscf6670

道沿いでお饅頭を売っているところがありまして、“とち餅”をデザートに。

Dscf6710

そうしたらお店の方が お茶を用意してくださいまして。。感謝です。。

 桜茶。。。かすかな塩味が とても美味しかったですごちそうさま~。

Dscf6706

これからの季節に備えて 貴船の風物詩、川床の準備が進められていました。

華やかさのある 川と水の貴船でした

翌日、土曜の旅は 福知山 元伊勢方面です

*写真は クリックでおおきくご覧いただけます*

|

« 秩父巡礼:三回目 | トップページ | ☆しあわせな夜(;_;) ノ »

神社★仏閣」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

鞍馬には、20代の半ば…
もう20年以上も昔に、当時愛した人と2人で行きました。
奥の院に至る山道、昼でも薄暗くて、
何とも言えない雰囲気が漂っていて怖いほどでした。
神の領域に足を踏み入れたような。

夏だったので、貴船の旅館で鮎料理をいただいて
川床で風と水を感じて過ごしたあの輝くような日。
今でもはっきりと思い出せます。

こんなに懐かしくて暖かな気分は久し振りです。
ありがとうございます。
写真からしんしんと伝わってくる
凛とした山の気を堪能させていただきました。(^・^)

投稿: ゆりあ | 2008年4月23日 (水) 02時56分

ゆりあさん こんばんは~


そうでした ゆりあさんは京都にお住まいでしたものね。

当時と 鞍馬も貴船も 変わったところとそうでないところがあるのでしょうね。

最近はいろんな情報が伝わっているせいか 
《魔王殿》付近は かなり人が多くて ちょっと驚きましたー

川床での鮎料理
あこがれますーとっても 大人な世界ですね

すてきな思い出を伝えてくださってありがとう


投稿: ゆりあさま♪ | 2008年4月26日 (土) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鞍馬・貴船へ:

« 秩父巡礼:三回目 | トップページ | ☆しあわせな夜(;_;) ノ »