« 3月のファーストフルムーン | トップページ | 千人の交響曲 »

ひなまつりと母

またまたゾロ目の ひなまつり でした。

3月3日 みみの日でもありました。

ことしは お雛様を 全く出さないうちに ひなまつりを通過しちゃいました。

ちょっぴり みみの下が痛かったear。。。みみの日でした。

ひなまつりには 母のことを思い出します

そういえば 母は手先が器用で紙細工でつくった雛飾りなども
お世話になった方々にさしあげたりしていました。。

調子をくずして 腕にマヒが起こった時。。
あなた達(私と妹)の分もおひなさま 残しておけばよかったかもねなんて言っていました。

私は、、 
大丈夫sign01 リハビリして また造ってもらうからhappy01heart04って 言ってましたっけ。

apple banana tulip

それから わたしが幼い時  “服部さん(はっとりさん)”という方を “はっちろさん”と呼びかけていた時の話を おもいだしていました。

一時両親が親元から離れて住んだ 文京区の動坂(どうざか)町というところ。

今の千駄木のあたりのようですが、、、

材木屋さんのうえのアパートで それこそ ちゃぶ台ひとつと食器棚、タンスひとさおくらいで 若夫婦と2歳前後のわたしがひと部屋に住んでいて、、bud

隣に住んでいたのが 演劇を志す服部さんという方で、(はっちろさんhappy01
私はよくそのお部屋に入り込んでセリフ練習などにつきあってsign02いたようです。 

大家でもある材木屋さんのご主人を見かけるたび わたしは二階のへやの窓から おおきな声で“あなた~!”と呼びかけるのだそうでcoldsweats01

奥さんがご主人を “あなたnote”と呼ぶので きっとこのおじさんは “あなた”という名前だとおもっていたらしいですcherry

そういえば あるとき 両親が宝塚歌劇団の公演を観に行き、 同行した私は感心なことに なかなか静かに見ていたのだそうですが。。。

しーんと静まりかえったラブシーンになりconfidentshineshine 主人公が 「。。。あなただってheart04。。」とつぶやくシーンをみて そのまま オウム返しに 「あなただって~sign03」とおおきな声でやらかして 観客が クスクス笑いになったと。。coldsweats01

そのころの生活は 両親にとって 質素ながらも楽しかった思い出のようで。。

分骨したお寺の母の位牌には 父の意向で “動坂”の文字が刻まれているのですheart

|
|

« 3月のファーストフルムーン | トップページ | 千人の交響曲 »

」カテゴリの記事

季節」カテゴリの記事

記憶」カテゴリの記事

コメント

素敵な思い出ですね!
ほのぼの、させていただきました♪(^・^)

お母さまは今もきっと変わることなく
時々くすくす笑ったり微笑んだりしながら
こすもすさんとご家族のみなさまを
優しく見守っていらっしゃるのでしょうね。

わたくしは、幼いころ
「山のあなた(彼方)の」…という時などに使う
「あなた」を「アナタ」と呼びかけているのだと
思い込んでいまして~~
以来、どんなモノや山や木々にも「魂」があって
呼びかければ応えてくれるんだ…と思い
いつも身の周りの色々なモノに話しかけていましたが
この考え方は、今も変わらず続いています。(笑)

投稿: ゆりあ | 2010年3月 4日 (木) 14時20分

ribbonゆりあさんいつもコメント残してくださってありがとうございますshineshine

>素敵な思い出ですね!
ほのぼの、させていただきました♪(^・^)

そのように言っていただけてうれしいですheart01

>時々くすくす笑ったり微笑んだりしながら

ふふふっ いろいろ心配かけてるかもしれませんが。。
coldsweats01
笑っていてもらいたいきもちですnotes

>山のあなた(彼方)の

はいはいhappy01
わたしもそうでしたよ。

聴こえたとおりに想像しちゃってね。
うさぎがおいしいかの山
もしくは 蚊の山だったりねsign03(笑)

>以来、どんなモノや山や木々にも「魂」があって
呼びかければ応えてくれるんだ…と思い

う~ん これはすてきな思い込みnote

>いつも身の周りの色々なモノに話しかけていましたが

なんといううれしい共通点scissorsshine

>今も変わらず続いています。(笑)

わたしもでございます~happy02


投稿: ゆりあさんへ*cosmos | 2010年3月 5日 (金) 23時25分

ちゃぶ台と、食器棚と、箪笥ひとさお…
なんだか目に浮かびます。
幸せな生活だったんでしょうね~
だからこそお位牌にも「動坂」の文字が…
素敵ですね~~

投稿: TAKAMI | 2010年3月 6日 (土) 20時47分

ribbonTAKAMIさん こちらにもコメントありがとう うれしーですheart04

>ちゃぶ台と、食器棚と、箪笥ひとさお…
 
ほんとうにままごとみたいだったと 母が言っていましたcoldsweats01heart01
私が生まれても親との同居が続き 独立生活のために 色々工夫しながらの別居だったようです。

母はおそらく23歳前後父も26~7歳の頃でしょう。

父もこの場所を大切におもっているのがわかってうれしかったですconfident

共感していただけて しあわせribbon

投稿: TAKAMIさんへ*cosmos | 2010年3月 7日 (日) 02時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136402/47720117

この記事へのトラックバック一覧です: ひなまつりと母:

« 3月のファーストフルムーン | トップページ | 千人の交響曲 »