« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

シンクロニシティ 

昨日も書きましたが ちょっと耳の調子がよくなかったりしていたので 

細胞さんへの感謝を送るときに 蝸牛等耳の中の様子を知りたかったのです。

よくある外耳と内耳の図でもよかったんですが。。

さきほどちょうど サイエンスZEROという番組で 『聴覚』の特集をやっていて

より詳しい 内有毛細胞 外有毛細胞という 音を知覚して脳に伝える細胞のことを説明していました

ちなみに 外有毛細胞は『ウルトラファスト』と言われ 身体中でいちばん早い動きをするものだそうで、一秒間に二万回の踊りで 音を増幅するのだそうですよ

う~む すごいぞ 聴覚

今日は 午前中ちょっと左耳がぼわっとした感じで聴こえていたのですが、

幸い午後から調子が戻り、合唱練習もつつがなく。。

そのあと 向かった 矢吹 紫帆さん(リンク先:音が出ます)の 『泣きたいくらい優しいシリーズ・スタインウェイで弾く愛の歌コンサート

絶好調で聴けました。

らっき~

ありがとうございます。

ライブにいらしていた久保田一竹さんともたまたまお話する機会があり 

7月に開催をきめた(ばかりの) 一竹美術館での 紫帆さんのコンサートにも伺いますと宣言しちゃいましたのでした。

*昨年大感動の“舞夢” :様子が見られます*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

声を出すこと

横澤先生のボイスレッスンに行ってまいりました。

「どう?元気だった?」

「それがそのー ぼちぼちですー

「どしたの?」

「風邪っぽくなったあと咳が出て、その後 耳に来ました。
(突発性難聴)

しかも並行して腸の具合が今一つだったり。。

「そおか。。。」

しばし お話をしたあと 今日の先生のレッスンでは わたしの身体の内部に 自分の声を響かせるレッスンをしようということになりました。

身体の内部を想像し、まずは 脳から。

右脳 左脳 小脳 松果体~~~と声を響かせていきます。

右目 左目 鼻 歯ぐき ~~

もちろん 耳も

食道 肺 心臓 胃 ~~

その他の内臓さんも 次々に想像して単音で声を響かせます。

そして腰から 足 下半身全体なども。

それから 骨を一つ一つ。。。

わたしのからだをばらばらに捉えれば ほんとうに多くのパーツで出来上がっていて

その一つ一つが 意識せずとも働いてくれているわけで

ごくろーさん ありがとー

およそ一時間ほどかけてたくさんのパーツに声を送り 響かせ 感謝の光も乗せるイメージでやってみました。

実際は 細胞さんは60兆個もあり 淡々と仕事してくれてますから

ココと決めて響きを送っていないところもあります。

この声の波動が届いて 結果 細胞さんひとつひとつが喜んでまーるくぷるぷるしてくれるといいなあと想いながらやってみました。

「今日はね、たくさん声をだしてもらおうとおもってたんだよ。

だけど声を出すというのもいろいろあるよね。」

先生は(大きな)声を出すというのは 力ではないということを丹念に説いてくださいます。

とても共感でき うれしくなります。

自分の内部にたくさん気(氣)を配ることができて しあわせなレッスンになりました

ありがとうございました

*追記*

これをヒントにみなさまも おもいついた方法で ぜひおためしくださいね

強力な自己ヒーリングになるとおもいます

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

君去らず:木更津の言われ

週のはじめに行った 木更津(きさらづ)の“恋の森

この“恋”とは。。。

ヤマトタケルノミコトオトタチバナヒメの悲恋なのです。

⇒ 伝説の恋をリンクしてみました。

初めに行った八剣八幡 と 刀八神社 は いずれもヤマトタケルに関連しています。

実際 この土地では ふたりの伝説が生きているようで、どこからでも見渡せる小高い丘のうえに ふたりの銅像が並んで建っていました。

あとで行った 菅生神社は 少し傾向が違い ニニギノミコトオオヤマツミのミコト コノハナサクヤヒメを御祀りしています。

今回ご一緒した御二方は 千葉在住の方と もうひとりは神奈川在住の方。

わたしが東京なので 『東京湾』をぐるりと囲む住人の 訪問だったのでした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

☆再び金宝樹☆

☆再び金宝樹☆
一つ前の記事に tomさんからコメントいただきまして。。“金宝樹”はオーストラリア産なんですって(^O^)/

ほんと名前からして、私も日本か中国産かしらんと。。

しかも 別名、“ブラシの木”というのだそうです('-^*)/

確かに、じいっと見ると、およよっ!!
たしかにブラシっぽいですなあヽ(゜▽、゜)ノ

私は 。。おそらく。。初めて見たので あんまり可愛くて、お友達が道を尋ねているあいだに携帯からも撮ってみてました。

ちょうど明朝、8時07分に満月を迎えますので、この“縁起の良い名前”の“金宝樹”ちゃんを再掲載してみましたo(^-^)o

因みに神社仏閣におまいりするときは土地をみんなを守ってくださる『感謝』をお伝えしておりますのです〜\(^_^)/☆☆☆

なんだかしらないうちに みんなに“金”の“宝”が満ちて参りますね〜(*^_^*)
勝手にらっきーなのだー♪♪♪

(携帯より♪):PCで文字に細工など。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

千葉へ

昨日(月曜)は 午後から急遽 千葉にでかけることになりました。

東京湾アクアラインは 平日でも通行料金が¥800になったままなんですね~

気づくのおそっ  しかし、、ありがたや~~

Dscf9519

東京側は雨でしたが 東京湾のトンネルを抜けると晴れていました。

はじめに 木更津の八剣八幡(やつるぎはちまん)神社へ。

御神水があり 関東一という巨大なお神輿があります。

Dscf9523

続いて 刀八大明神へ

Dscf9526

“恋の森”という名称がついた小高い場所に鎮座。

そして おわりに 菅生(すごう)神社。

Dscf9543

くるり線たかちほ踏切の近くの 目立たない場所に鎮座。

こちらの赤いお花。。菅生神社のご近所で道案内してくださった方のお庭にあった満開の“金宝樹(きんぽうじゅ)”というお花です。

Dscf9547

下のオレンジ&きいろのお花は“キンセンカ”の一種のようです。

ほかにもたくさんの草花が歓迎してくれました

降り出した雨は 御参りするには問題ないほどでしたが 遠くでゴロゴロとカミナリも響きました。

本格的な雨になったのは車に乗り込んでからでした。

23日、火曜日は北日本で大雨の予想だそうです。

どうか恵みの雨で留まりますように

| | コメント (5) | トラックバック (0)

那須にて②

前記事の追記でUPします

那須に行く道々と帰宅時に “温泉神社”にお参りをしました。

Dscf9499

那須街道ぞいは ゴヨウツツジという 小ぶりの花がかわいいオレンジ系の色合いが

燃え立つ新緑に映えて それはそれは美しくかわいかったです

運転していたので 写真が撮れず ちょっとざんねん

神社参道に 勢いのあるのあるご神木が。

Dscf9510

神社の入り口付近には 足湯のできる施設もありました。

宿泊した施設も お風呂が温泉で  入浴後はお肌つるりで気持ち良かったです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

那須にて

那須にて
土曜日から 一泊で那須に参りました。
日中那須街道沿いの素敵なお店で珈琲とキッシュ♪

ガラス越しに木立を眺めながらのひとときは至福☆
(あれれ。。お店の名前はなんだっけ。。ヽ(゜▽゜)ノ??)

帰宅途中から浄化と恵みの雨になりました。

東京では 本格的な“降り”です。


(携帯より♪)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ガーデンウェディング

ガーデンウェディング
かぼちゃ姫(娘なの)がガーデンウェディングにお呼ばれ☆

砧(きぬた)公園の中にあるレストランで、旅立ちの日を迎えた『ふたり』は

乗馬倶楽部に通った幼なじみ同士だそうです♪

今日の東京は、爽やかに晴れ、ガーデンウェディング日和でしたでしょう(^-^)/
我が家からは、アクセスがきびしく、クルマ送迎をいたしました。
(やさしいははだなあ!?(*^-^)b)

レストラン裏手からの写真。
これじゃ様子がわかりにくいけど。。
みずみずしさを楽しみましたo(^-^)o


まぶしい日差しの1日でした:*:(*^o^)乂(^-^*):*:

(携帯より♪)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牡牛座新月

本日、10時04分牡牛座の新月です。

新月から満月に向かう二週間は、『取り込んで育てていく時』ですね♪(^-^)/

(携帯より♪)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一時間後は

一時間後は
こんな空

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事の合間

仕事の合間
曇り空かあ('-^*)/
と思ったら こんな青空も(^-^)/

雲の上はいつだって晴れ♪

すがすがしい 空気の五月です。

(携帯より♪)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風に吹かれて

風に吹かれて
草に寝転ぶのが大好きです〜( ̄ー ̄)〜
5月はみどりの風が吹く♪

今日から全国てきに冷えそうで
遅霜の予想も。。

皆さん体調 崩されませんように(*^-^)b

(携帯より♪)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

全国のおかあさん

全国のおかあさん
:*:・・:*:いつもありがとうございます:*:・・:*:

| | コメント (1) | トラックバック (0)

モツレク合唱団(^0^)♪♪

みなさん 『モツレク』って何の事だかご存知ですか?

モツ鍋を食べる休暇かというと そーじゃなくて

“モーツァルトのレクイエム”なんですね

なんでそういう言い方するのかなあ 

なんでも端折っていうもんですね~

クラシック界では 三大レクイエムってのがあって三人の作曲家のレクイエムが有名なんですって。

ちなみに モーツァルトさん以外は フォーレさんヴェルディさんのレクイエムです。

で、 前置きがながくなりましたけれど これを歌います

以前 わたしは ゴスペルを歌っていたことがあります。

そのときのお友達が誘ってくれて 2002年から半年ほど 新宿区主催の合唱団に入りこの『モツレク』を歌いました。

このお友達は 今春の“千人の交響曲”や “フォーレのレクイエム”等にも参加のベテランさん

私は2003年の春に 新宿文化センターの公演を終えてからは 諸々の事情で次第に歌から離れて欲求不満ぎみだったので ちょうどよい機会です

このたびは 第一回 品川区区民芸術祭 という 地元の催しでして 秋に発表会をします。

今日は 初回練習日でございました~

う~ん たのしかったです~

頼んでいた楽譜は 先頃の欧州空港の閉鎖等によって 未着とか。。。

今のところ 全12回の練習日で 合唱指導・指揮をされる 遠藤正之先生はかなり焦りも感じておられるようでした。

結構なボリュームの楽曲なので 通常半年から一年かけての練習曲ってことで たしかに12回はかなりキビシイ練習機会ですね。

はじめての方も あちこちで歌っていらっしゃるベテランさんも入り混じっての合唱

みんなで 声を合わせて歌うって とっても魅力的です。

うたがうたえるって ほんとうにすてきなのだ~~ 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ざ~っと流して気分爽快

あっというまに ゴールデンウィークもおわり。

みなさま どんな休日を過ごされたのでしょうか?

先月は暑かったり寒かったりが繰り返しでしたから 体調を崩されている方も多いですね。 

実は職場でも昨今の社会情勢を受け センターの閉鎖や多くの配置換え等で 落ち着きのない日々です。

そんなことも手伝ってか いまごろってかんじはありますがインフルエンザに罹患したり 体調不良続々。。

かくいうわたくしめも イマイチな体調で。。。休日は 長時間睡眠となることがほとんどでした。

普段短時間の睡眠のほうですが びっくりするほど眠いのです。

しかし 自分の都合で長く眠ることができて 感謝感謝なのでございます~

多くの方々は そうはいきませんものね。

私のまわりの 同年代のほとんどは 老いていく親や 家族の問題、ご自身の不調など。。何かと心おだやかでないのも現実ですから。。

こういったそれぞれの体験で 我慢がある一定のラインを超えると 体調不良を超えて病気になってしまうことも多いわけですね。

     

そこで思い出したのが 【塩まじない】です。

おまじないなんて 非科学的で 安直にすぎるって

しかし 『塩』のもつ浄化作用と 『文字を書いて』『流す』という『作業をする』ってことで

実感を得やすいとおもいました

しばらく前にもご紹介して  そのときもやってみたのですが 

今回は別の切り口からみた 『いらないもの』を捨ててしまおうと決めました。

【やりかたはかんたんです】

★トイレットペーパーとペンを用意します

★カットしたペーパーに 流してしまいたいコトを書きます

★塩ひとつまみくらいをいっしょに包んでトイレに流します

とにかく 行動をおこしたという感じ がいいんですね

では いらないものさん サヨナラー

ざ~っ (水に流した音) 

いい体験だったよ~ でも もう私にはいらない 

アリガトウ サヨナラー

         

~~ サッパリ 爽快 ~~

とてもいいかんじです~~

かんたん だいすき

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花を咲かせる

仕事場の前庭でも はなみずきが満開です。

Dscf9470

かわいいピンクと ならびには白。

Dscf9472_2

のびやかでいいなあ~~

あちこちにお花があふれる季節ですね~

吸い込んだ酸素を一瞬にして二酸化炭素に変えられる私たちのからだ

どうせなら 植物たちが喜ぶ 良い二酸化炭素にして出しましょ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安心させてあげる日

どのひとのなかにも もれなく光り輝く霊性神聖があり、 その人が生まれるときに自分に約束したこと。魂こころの進化の道筋があるんじゃないかとおもいます。

みんな個性の出し方って違っているよね

自分の周りに居る 家族 友達 仕事先、会社で出会う人 ネット情報や社会の出来事 自分と関わりのあるすべての人々 ものごとは みーんな自分を映す鏡

誰かに何かに感じるいやなことは 自分のなかにある似たような部分を いやだとおもっていることなんだなあ。

そういういやな自分をみたら逃げ出したくなるんだけども。。

そこに焦点をあてて卑屈になったり 背を向けたりしないでそのままふんわり抱きとめて

そのあとサラリと流してあげることがいいんだね。

そうか こういう自分もいるんだね。

いや~ もちろんいてもいいんだよと認めてあげると安心するよね。 

心配する気持ちをそこに向けると 心配エネルギーが注ぎ込まれて大きく育ってしまうんだね。

こころさんをまーるく保ちたい じぶん

このとしになって  なにかとじたばた

だけど しょーがないところがいい じぶん

 

そうだ今日はできるだけ大きな自分になって 

ちいさな自分を安心させてあげよう

追記:ゆりあさんTBありがとう 一部表現をかえました

| | コメント (4) | トラックバック (1)

昔を訪ねる

体調不良が治まった昨日 父を誘って うん十年も前に住んだ場所を尋ねました。

以前ちょっと 書いたとおもいますが その地は『動坂』というところです。

実はついこのあいだあることからこの地名が今もつかわれているとわかったのでした。

たしかに良くよく地図で見れば 動坂上 動坂下 という交差点の名称も残っていました。

現在の文京区千駄木のあたりです。

両親は親と同居でしたが はじめての独立を試み そのころ父の仕事上の絵の師匠でもあった方の住まいの近くに移りたいという名目で やっと別居が許されたのです

まさに ちゃぶ台と食器棚 わずかな身の回り品ではじめた神田川の歌詞ような世界ですね(すでに私が居ましたが

実際にそこに住んだのは2年たらずで 祖父が倒れたため 再度両親との同居になったのです。

若い夫婦にとっては たのしいままごとのような生活だったと聞きます。

今はすっかり様変わりして かつての路地も見当たらないとのことでしたが 近隣の街道は同じ流れだということでした。

このあたりの○○建設のアパートの一室に おしゃまなちびっこだった私と両親のつましい暮らしがあったのですね。。。

Dscf9477

写真は そのあとで廻って行った 根津神社のつつじの山です。

Dscf9482

連休中 根津神社では 恒例の“つつじまつり”がおこなわれています。

連休のあいだの平日ではあったのですが 露店もひしめきあい大賑わいの神社になっていました

つつじまつりの期間中は 12時と14時に整理券が配られ 昇殿参拝ができるそうです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

からだの声を聞く

連休も本格的になりました

みなさま フルサトに帰省されたり おもいおもいの休日をお過ごしでしょう。

我が家はあまり 巷の休みにはリンクしないので それぞれ仕事などでいつもどおりなのです。

ちょっと風邪気味のcosmosは 突発性の難聴も併発

飛行機にのったときのように 耳がつまった感じがでたりします。

気をつけなくっちゃ 

出会った耳鼻咽喉科クリニックは 声の診療もするお医者様

日ごろから“声”にも感心深いので ここから繋がる情報も興味深いです。

こんなときこそ 自分の細胞さんに声をかけ 働きをねぎらって 実際の変化を感じられるチャンスだなあとおもったりしておりますよ~

不調がおしえてくれる情報って 貴重なんですね

謙虚に受け止めようっと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »