« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

自分を愛して

病気も怪我も ちょっとした体調不良

じつは 心の状態が元になっているという見方があります。

すべてが当たっていなくても

かなり 的を得ているようにおもっています。

“自分を愛して” というタイトルのご本。

http://www.amazon.co.jp/dp/4892955744?tag=fairyblue02-22&camp=23&creative=235&linkCode=st1&creativeASIN=4892955744&adid=03E1J86QEFVJTQC9WBP6

リズ・ブルボーさんのシリーズのうちの一冊です。

症状ごとに索引で 解説を眺めることができます。

わたしは かつて古書で購入したのですが。。。

今 ふつうに買えて amazonでは なか見!検索OKです

心身医学 とは

こころとからだの両面から 病気に取り組むやりかたです。

扁桃腺の腫れの高熱からはじまった不調を持ちこして

息子は 入院加療が必要になっちゃいましたのです。

これって (例えばだけど)何か。。

気がつかないでいることがあるんだろうか。。。

そこで この本の

【扁桃腺炎】を引用させていただきますと。。。

肉体的なレベル

扁桃腺は空気と食物の通り道の入り口に位置する器官で、

からだを細菌から守る役割を持っています。

(中略)扁桃腺炎になると食物を飲み込むことが困難になります。

感情的なレベル

この病気にかかるのは、何か「通らないこと」がある場合です。

または、何か「飲み込めないこと」がある場合です。

今の状況の中に何か「通らないこと」

あるいは「飲み込めないこと」があるかどうか考えてみましょう。

精神的なレベル

もし、今の状況の中で「飲み込めないこと」があるとしたら

それはあなたの中に批判的な部分があるからなのです。

それはエゴの一部であると言えるでしょう。

あなたの心の中に反抗的な部分があることを自覚してください。

その反抗的な部分は 自分、または他者を裁いているはずです。

どうか、もっと大きな愛の心、寛大な心で状況に接してみてください。

きっと症状が改善されることでしょう。

(後略)

というように。。。

日々、いろいろな状況にあたって

誰もが体験しがちなシチェーションが解説されています。

何でも 人や社会のせいにするのをやめたとき

次は 怒りをためていた自分を裁きがちです。

。。。 何物も 裁かないで 。。。

そういう自分も他者も 認めて~受けとめて~赦す~

そうすると そのレッスンは終了です。

こういうのが日々の練習(里の行)のひとつなんじゃないかなあとおもいます。

(あの有名なお釈迦さまにとっても

 他者とのあいだで たいへんな日常だったわけで

自分にとってたいへんな体験をするときこそ

転んでも ただでは起きないで

次は同じ転び方をしないような 

智慧を身につけるチャンスなんだとおもうのです。

誰もが 人生に対するチャレンジャーなんだよね

みんな まずは

たったひとりの 貴重な人材

自分を愛して 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ドライミスト

ドライミスト
ドライミスト
おしゃれな街
二子玉川

建物に沿って、ドライミストが涼を運びます♪

細かな霧が通行人に注がれます。

打ち水効果があるそうですが。。

人が集まる場所にはとてもいいですね。
お店も街も“ブランド”('-^*)/

(携帯より♪)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おとめ座新月

おとめ座新月
本日12時04分。

月はおとめ座にあります。

昼くらいまでが、デトックスチャンス♪ですね。

さて。。
おとめ座新月には

仕事やライフワークに関すること、、
細かい配慮や秩序。完璧主義 創造的な組織。

清潔 お掃除 整理整頓などに関することにも目標を合わせられるようですよ
(^-^)/

写真は 素晴らしい黄金いろの光を注いでくれる 昨日の夕刻のお日様です。

(携帯より♪)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足利にて

足利にて
足利にて
足利にて
ワンブレイクの図。
豆乳マンゴー♪
おいしいです。

素敵なお店でした。

(携帯より♪)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたもわたしも

あなたも わたしも

みんなつながっています。

時にはだれかのお世話になることもあります。

時にはだれかのお役にたてることもあります。

ヒーラーさんは 日々

だれかの役に立つように

努めてパワーを注いでくれますが

あなた自身も

どうか 羽を休めてください。

あなたの愛するひとびとを

すこしでも 何とかしてあげたい。。。

その優しさを

どうか ご自身の御身にも

一つ一つの細胞さんにも

いま すぐにでも

たくさん降り注いであげてくださいませ。

さあ あなたは自由の旅にでます。

ご自身を限りなく 輝かせる

守られた旅です。

すべてに ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レムリアの記憶?

先日 ある方が作った レムリアの風 というオリジナル曲を聴かせていただいたら

何故かはわからないけれど 涙があふれてきて

ハートのどまんなかに突き刺さるような感じがしました。

ずうっと昔に レムリアに居たんだろうか。。。

その方がおっしゃるには 

その頃レムリアで 満月の夜に 焚火を囲んで皆でうたっていた曲なのだそうです。

なんてロマンティックなのじゃ~~~

その光景を思い浮かべて またうるうる。。。

ちなみに

鉄腕アトム も 時に寄り 号泣のわたしなんですが。。。

それから。。。 ウルトラマンショウ で 号泣したり。。。

へんなやつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いしだ壱成さんの少年の頃の体験

[シネマトゥデイ映画ニュース] より

俳優・ミュージシャンとして活躍するかたわら、脱原発運動に積極的に参加しているアーティストのいしだ壱成が、デビュー当時に知った「芸能界と原発のタブー」を語った。

http://www.cinematoday.jp/page/N0034808

いしだ壱成さんは

幼いころに 親御さんといっしょに原発反対運動に関わったことがあったそうです。

10歳の頃の体験を綴られています。

【今だからみんなで考えたいこと】 

いしだ壱成さんのブログ arrivals

震災前 本年三月四日の記事です。

http://ameblo.jp/isseiishida/entry-10819818986.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支援ボランティア

少し前のことなのですが。。。

先月末、 【祈り】のCD録音でご一緒したお友達(若い女性です)が

東北地域のボランティアに参加されたときの様子を伝えてくれました。

グループでのバス移動での活動。

宿泊は宮城県の 鳴子の温泉地だったそうで

ずいぶんと恵まれていましたということです。

そこからバスで二時間ほどかけて 気仙沼に通ったそうです。

被災地では まだまだ後片づけが終わっていず

瓦礫の中から写真や卒業証書などの資料が出てくるのは

ほんとうに。。。胸の痛む体験だったようでした。

東北で出会った人たちは皆さん心優しく温かく

これもすばらしい体験だったそうです。

鳴子温泉も 宿泊のお客様が減っててしまっているので

機会があれば 是非ぜひ おでかけくださいとの伝言です。

とってもいい温泉だそうですよ~ 

彼女は たまに新聞の歌壇に和歌を投稿するそうです。

七月後半に東京新聞の歌壇で採り上げられたうたです。

  梅雨の晴れま

  反原発パレードに参加する

  車椅子にのる女性と共に

                  昭子

【祈り】の合唱参加のとき。。。

いままで あまり社会的なことに参加してこなかった気がするんです。

だけど 今度のこと(合唱参加)はすごくいい経験になりました

と仰っていました

家業がお忙しいご様子でしたが、

その後 脱原発の集会などにも頻繁に参加され

あっというまに“行動するひと”

思い立って こころのままに動けるしあわせ

わたしも共有させていただけました。

昭子ちゃん ありがとうございまーす。

(彼女はPC利用しないのです

震災関連のボランティアも まだまだ必要だということです。

以下【祈り】関連記事です

http://harmonic-univers.air-nifty.com/cosmos/2011/05/post-fefe.html

http://harmonic-univers.air-nifty.com/cosmos/2011/05/cd-f88a.html

http://harmonic-univers.air-nifty.com/cosmos/2011/06/cd-3e9d.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いまふたたび

日本人のモラルが 海外で高く評価されているそうですね。

かの国 イギリスでの騒動では 略奪が横行。

一方 震災時に流されたりした 各家庭の“金庫”が集められ

23億円(だったとおもうんですが)ほどを 精査のうえ

それぞれの持ち主にお返しすることができたのだそうです。

このニュースが伝わって 

日本人の精神構造は いったいどうなっているのだ!?

と 驚きをもって受け止められていると。。。

ニュース報道されていたのです。

なにか 誇らしい気持ちになったのでした。

今日都内でも 一時はかなりの豪雨になりまして

そのあとは 熱風だった風が 涼やかさをまして流れております。

このあとも 各地の気象の急変にご注意くださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風に吹かれてトゥィンクル

風に吹かれてトゥィンクル
風に吹かれてトゥィンクル
風に吹かれてトゥィンクル
風に吹かれてトゥィンクル
風に吹かれてトゥィンクル
昨日は、久々に休みを取った連れ合いと、行動を共にしていました。

しばらく会わなかったうちに(笑)積もった話をしたりするうち、ちょっと出ようかということになり。。。
(我が家は連れ合いの仕事の関係で区内別居!!です(*^-^)b)

そして、自転車で十分程度で行ける東京シティ競馬(夕方から開催のトゥィンクルレース)に行くことにしました。
開催中でラッキー♪
家にあったおつまみやら大抵リクエストに入る玉子焼き、缶ビール等々も持参します。

トゥィンクルは
次第に陽が沈む情景も綺麗で、風が通って夏の夜はなかなかよいのです。

しかしさすがにお盆休み☆彡
カップルのほか、親子連れやら仲良しグループなどで 競馬場はかなりの賑わいです。

しかも、レースごとにパドックに馬ちゃんを見に行き、馬券を買い ワクワクレースを見る。。という繰り返しで、なかなか忙しいのです。
私が買う馬券は大抵複勝百円×2〜3通り程度です。

こんな買い方だとだいたい払い戻しがちょっとあって、楽しめます。

馬ちゃんは、どの子もライトで照らされ毛並みが美しく輝きます。

満月に近づくまん丸でゴールドの月も、とても美しかったです。

帰る頃には施設もイルミネーションでライトアップされさらに綺麗です。

こんなに自由に
いろんな楽しみが持てるって。。
なんてしあわせなんだろう。。

ふっとおもいます。(^-^)

(携帯より♪)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暑さひとしおですね〜   (*^ー^)ノ

暑さひとしおですね〜(*^ー^)ノ
本日午前三時五十八分。。十五夜お月さん。。満月になりました。

私は深夜に屋上に出て寝転がって、風に吹かれてしばらく過ごしました。
ちょっと雲が多めだけれど、、美しいお月さまを満喫しました。

ちょうど旧盆でふるさとに戻っている方々も多い時期ですね(^-^)/

いまこのとき、ご縁のある方々と、どうぞ楽しい時間をお過ごしくださいませ。

震災後に誰もが感じた、ほんとうに大切にしたいものを 心を込めて大事にしていきたいとおもいます。

お盆の満月も、満ち足りた関係性をもたらしてくれていることでしょう。

(携帯より♪)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も素晴らしい1日

今日も素晴らしい1日
今日も素晴らしい1日
今日も素晴らしい1日
今日も素晴らしい1日
今日も素晴らしい1日
まだ今日が残っているけれど。。

道端の草花に親しみ
お日さまにも後押しされ

チョウチョにも癒やされ

登った月にも挨拶

この世は楽しい万華鏡

(携帯より♪)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宇宙的な変化

宇宙天気ニュース 

昨日の夕方 巨大太陽フレアが認められております。

http://swnews.jp/

X7級というのは とても高い数字で

数年にいちどクラスだそうです。

三月の震災前に X1.6級の太陽フレアが見られたことも知られております。

だからといって

これに伴って すぐ震災が起こるとは限りませんが

宇宙は 大きく変容し その一員である地球と

その住民にも 変容のときが訪れているという側面は否めないものです。

私達は (信じようと信じまいと) どうやらこの変化のときを意識して

この地球に生まれる決心をしてきたようなのです。

であれば

こころの奥底に眠っている無限のチカラ

この地球にいま存在することを選択した

自分の潜在力を信じましょう~。

ひとりひとりがこれからの変化を

楽しめますように。。。

祈ります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

縄文の湯

縄文の湯
縄文の湯
思い立って、川崎矢向の縄文の湯に来てしまいました。

雲が多めの空ですが、露天風呂からはちゃんと 半月を少し過ぎたお月さまが見えて し*あ*わ*せ

お風呂上がりに“梅醤番茶”をいただいております。

生姜も利いてて うま〜い(^O^)です。

これから、さらに ゆったりの休憩の場所に行ってみます。
なんて 贅沢三昧なわたくしでしょう。
ありがたや〜

(携帯より♪)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

路地にて

路地にて
いつも通る路地際でも、ゴーヤがここにきてぐっと育ってきました。

今年はあちこちで、グリーンカーテンを見かけますね〜
(^-^)/

路地にて

柄のあるチョウチョ(蛾?)は、何度となく旋回して
「写真撮らせてね〜♪」というと、ちゃんと止まってくれてました。

言葉わかるんだなぁ。。('-^*)/

いのちの循環があちこちに。

地球って楽しい星☆彡

(携帯より♪)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

丹生川上神社

天川村から大和路を通っての帰路に“丹生川上神社の下社”に寄りました。

上社と中社は別途ありますが、ダムに沈んだ場所だったそうで、

今は別の場所に鎮座されているそうです

丹生(にう)とは 水銀のことをあらわし

弘法大師さまの 錬金術にも関係があるのかもです。

つまり このようなこと ↓ かな。。。

http://www.eps4.comlink.ne.jp/~kumagai/gotaku/suigin.htm

今で言う 科学技術の粋でしょうか。。。

丹生川上神社

 

丹生川上神社

拝殿でのお参りを終えたら

なんと 両足元のまんなかに くわがたさんが来ていて 。。。

踏まなくてよかった~

丹生川上神社
それから黒いアゲハ蝶も旋回しながら飛んできて着地

うしろの森に生命の宝庫を感じさせてくれる場所です。 丹生川上神社

ご朱印をいただいて神社の方と森のお話をしていたら

宮司さんが 上がって行かれませんか?と。。

昇殿をおすすめくださいました。

わーい  

お友達と三人で上がらせていただきました

一枚目の写真 拝殿の屋根の上部に

さらに上に続く屋根が見えますよね。

ここが ずうっと本殿に続く階段になっていて

ながく登る木の階段が森に吹きぬけて 

すばらしい景観なのでした

宮司さんは 元は八坂神社などにいらした方だそうです。

丹生川上神社

帰りには 地元でとれた柿の干菓子を

直会(なおらい)にといただきました。

ありがとうございます。

らっき~なわたしたちでした。

(PCにて編集しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現役です(^-^)/

現役です(^-^)/
赤いポスト♪

国立(くにたち)
一橋大学の前に(^-^)/

ちょうど投函するお手紙があったので。。

出しましたよ〜♪

(携帯より♪)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ご馳走さま

ご馳走さま
先日ゆりあさんにお会いしたときにいただいた 板橋は大山の “おせんべいやさん本舗”

『黒胡椒せん』です(^-^)/

まだ 用事が残っているので、アルコールフリーのビアテイスト飲料と♪

黒胡椒がピリッと効いた 後引くお味です('-^*)/

楽しみにいただいております。

ご馳走さま〜☆彡

(携帯より♪)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

七尾山・蛇の倉



さて 新月会の次には、
もう一つの目的、

修験道の山 “七尾山蛇(じゃ)の倉”の登山です。

修験では有名な 大峯山は 女人禁制ですが
こちらには 女性も入山できるのです。

天川村の分かれ道から 弁財天社と対称くらいの場所にあるお山で、
名物仙人 神直(しんちょく)先生が御守りをされる聖地です。

運がいいと 仙人にお会いできるそうですよ

我々? 。。。会えました~

(cosmos注:ご参照くださいね)

申し訳ございません。

お会いしたのはお弟子さまにあたる百(もも)様と仰られるお方だそうです。

このお方も仙人のようで ほんとうにすてきなお方でした。

神直先生はご不在だったそうです。

確認しないで書いてしまって ご迷惑をおかけしました。

もっともcosmosは 最後のほうで下山したので
ゆっくりはお話を聴けませんでしたが
しっかり握手して 『しあわせにな』とお声掛けいただけました

とてもおちゃめな雰囲気のお方で だけれど大切なお話をいただいたようで
同行の人たちは きゃっきゃと楽しんでいらっしゃいましたよ

こんどはゆっくりお話お聴きしてみたいなあ~

ちょうど、山門を工事していて、私たちは 仮通路から参りました。

奈良・七尾山

入山時には白衣をお借りしていきます。
行き帰りでおよそ三時間程度の行程です。
登りながら唱えることばは 『六根清浄(ろっこんしょうじょう)』です。

奈良・七尾山

登山道の入り口あたりでは
役の行者(えんのぎょうじゃ)さまが迎えてくださいます

奈良・七尾山

ここからが登山道。
お山では 『六根清浄のうた』や ホラ貝の音を流していて
登る人の後押しをしてくれます。
(自分で言わなきゃしょーがないんですけどね

登って行く途中に何箇所も ご神仏が祀られていまして
ここで 般若心経を唱えていくのだそうです。
横澤氏は もちろん 笛の演奏も奉納されました。

そして 登りきったところにある ≪孔雀門≫のまえで
お茶のお接待を受けました。
めちゃ 感謝~~

≪孔雀門≫から先は
先達が居ないと 入ることが許されません。

このたびは 先達をご依頼していて
入山させていただけました。

まっくらな 縦型の洞窟には 金属のチェーンで繋がれた梯子がかかっており
(進路は 人が一人通れるくらいのスペースです
ところどころに灯された蝋燭の明かりと 
前を行く方の 『六根清浄』 の声を頼りに進むのです。

10メートルくらいでしょうか? 登りきると 12畳くらい?のスペースが現れ
本尊 真宇王(まおう)大権現さまと 白龍さま 青龍(せいりゅう:字が違うかも)さまが
三方向に祀られております。

この場所で 役の行者や弘法大師たち 数人の聖人たちは
したたる洞窟内の水のみで それぞれ三年の歳月を過ごしたのだそうですよ。

青龍さまの さらに上部を抜けていくと
神々が集うひろい場所になっているといいます

ここで 皆でお祈りのときを持ち。。。感謝~

なかなか たどりつけない場所まで行けたというしあわせ感でいっぱいでした。

(携帯より♪)

pcで編集しました(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天川にて



天川にて
めまぐるしく天候が変わる日々ですね。皆様の地域ではいかがですか?
台風も近づいてきた今週ですね。できる備えはしっかりいたしましょう。

さて、先週末からの旅は、天川に縁が深い私のココロの師匠でもある
石笛奏者の横澤和也氏と共に、新月を過ごしましょうというものでした。

こちら天河大弁財天社のご由緒は 遠く南北朝の時代に遡るとのことで
神仏習合の趣きが残る 信仰の場所です。

神社到着後、早速の正式参拝。
宮司さん方の厚いおもてなしに感謝~感謝です
いろんなお話も伺えました。

夕方からは近隣の天の川温泉へ

ここのお湯は ほんとーにお肌つるつるになります

そして翌、日曜深夜♪

新月の祈りの集いを 弁財天社の本殿からは
すこし歩いた場所にある御禊殿にておこないました。

天川にて

新月を迎える深夜、、曇り空のなかに 強い瞬きの星々が輝いていました。

御禊殿は裏山がご神体になっています。
平べったい白い石が心地よかったです。

ここに皆で 座ったり横たわったりさせていただいて
横澤氏の 静かな。。妙なる音魂の笛を楽しんだり、
天体におもいを馳せたり。。
声を出したり。。

新月におもいを馳せる我々なのでした

天川にて

このキラキラは 敷地の何箇所かに埋め込まれた
水晶ガラス?らしいですが とても神秘的ですね。

そうして、だんだんに夜が明けてきて、、、、

天川にて

それぞれの新月祭が過ぎていきました

拝殿にて朝のご神事にも参加できてらっきい

(携帯より♪):PCで編集しました

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »