« オルガン革命進行中 | トップページ | 建築アンソロジー② 狭山米軍ハウス »

建物アンソロジー① 清家ハウス

昨夜眠りにつきにくく 

なにやら 眼が覚めてしまったとき

建築家の家つくりの写真ページを見はじめてしまった。

どの建物もすてきな空間演出で心躍った。

*****

わたしには ずいぶんと昔から

建物の夢を見たときの その印象がやきついているものがいくつかある。

ある建物は 具体的な知っている場所あたりで

外観やおおまかな間取りとともに

ガラス張りのコーナーの灯りとりには小石が敷き詰めてあったりして

こんな建物がはたして出来るのだろうかとおもっていたけれど

最近のデザイナーズハウスのモダンな空間使いは

これに酷似していたりする。

きっと 宇宙図書館にアクセスして 同じような情報を

ひきだしているんだな。。。とおもったり。。。(笑)

デザイナーズの無駄のない空間演出が多い中で

ぐわしっと!?心をとらえたのが

清家清さんの 戦後すぐからの自宅の写真だった。

(写真: 建築家の家 より)

*******

わたしは おおきな壁一面の書棚がほしい。

おおきく風が通り 開放的で 

お庭にすぐ出られる開口部がほしい。

緑が お家全体を覆っているってすごい!

ああ このお庭では

みんながどんな時間を過ごしたことだろう。。。

********

わたしはこどものころから それいゆ や ひまわり

暮らしの手帳(初期は 美しい暮らしの手帳といった)などで

部屋の演出や 総額いくらで この装飾が出来る

などの 建物~お部屋情報がすきで 飽かず眺めていたのだった。

小学四年頃だろうか お寺のお友達のところに遊びに行くと

見慣れぬご本尊や仏具の並ぶ本堂は

暗くてすこしこわい感じなのに 

ここを抜けると

広くて明るい芝生のお庭に出られて

子犬とじゃれあって遊べるようになっていて

それはすてきに思えたのだ。

当時テラスハウス式の団地に住んでいたわたしには

あこがれの自宅芝生広場なのだった。

我が家のささやかな庭は 園芸好きの母が

白い棚を組んで 裏木戸まで薔薇のアーチをつくったり

マーガレットや パンジー等々をまとめて植えたり

色々工夫して楽しんでいたのだとおもう。

中央には石造りの流し台を埋め込んで

金魚のいる池として レンガをうまく使ったりして

いま思えば センスよくまとめていたのだった。

ああ。。。わたしは こども達にそんな風景を

つくってあげてこなかったな~^^; ともおもったり

*****

清家氏の家をみて

自分が欲しているイメージが 緑と土のいえのようにも

おもえたのだった。

 

|
|

« オルガン革命進行中 | トップページ | 建築アンソロジー② 狭山米軍ハウス »

建築物 モニュメント 」カテゴリの記事

琴線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136402/57544887

この記事へのトラックバック一覧です: 建物アンソロジー① 清家ハウス:

« オルガン革命進行中 | トップページ | 建築アンソロジー② 狭山米軍ハウス »