« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

ボケのお酒♪

bud

お庭になった“ボケの実”を

先日漬け込みしてみました。

↓なんの実でしょう!?(過去記事です)↓

http://harmonic-univers.air-nifty.com/cosmos/2013/07/--c44d.html

固い実をスライスして。。

ボケのお酒♪

一方は
大ぶりに切って種もいれました。
もう一方は
少し小さめのスライスにして
種は取り除きました。

ボケのお酒♪

空きボトルに
ボケの実スライスを入れて。。

氷砂糖と果実酒用のリキュールを
適当に注いだだけで完了です。
(緑のボトルは○ョーヤの梅酒の使いまわしです(*^-^)b)

さてさて
どんなお酒ができるかな('-^*)/

楽しみたのしみ
♪(*^ ・^)ノ⌒☆

(携帯より♪)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

モリンガの栽培②~芽が出ました~

bud

先日掲載した モリンガ(マルンガイ)のたね 。

だんだん育ってまいりましたscissors

sign02モリンガとは どんな植物sign02とご質問をいただきました。

notes

モリンガは。。。

栄養成分だけでも90種以上・奇跡の植物と言われております。

葉~実~種~茎~花~根 

どこも捨てるところがないといわれる効用は

麻などにも匹敵しますね。

(麻はいまのところ勝手に育成できませんねwink

基本的には亜熱帯~熱帯地域の生息ですが

最近の東京の夏はちょっと近いものがあるかも。

栄養価が高く 成長がはやいので

緑のミルクとして世界食糧計画にも採用されているとのことです。

妊娠中だけは摂取について注意してねと 厚労省よりお達しです。

budモリンガbudで検索したら

すごーくたくさんのHPがでてきてびっくりsign03

heartワサビノキ(wiki)heart

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%B5%E3%83%93%E3%83%8E%E3%82%AD

heart「モリンガ」ってなんだろう~モリンガほんぽさんheart

http://www.d-flow.co.jp/owner/

わたしがお世話になった↓

heartモリンガネシアン・サードエネルギーカンパニーさんheart

http://ameblo.jp/3rdenergycompany/

notes

さてさて こちら↓

いちばん最初に発芽した子の様子です。

ティッシュの苗床から外してみますと。。。

なんか力強いかんじです。

モリンガは成長が早いのも特徴だそうです。

モリンガの種②

bud

そして その後
7月27日(土曜)の夜。

家の中に置いていた種たちの様子です↓

10個のうちの6個がにょきっと芽をだして伸びています。
他の3つも芽が出ています。

芽が見えないのは1つだけで
全体に成長が早いです。

モリンガの種②

bud

こちらは↓
ケースを外に置いたほう

写真がピンボケでわかりにくいかな。。。

12個のうち2つが芽を伸ばしはじめていて
まだ短めの芽ですね。

他の5つもちょこっと芽が出てる。
種が割れるように開いて そこから芽が出るんですね。

まだちんまりおさまっているのが5つ♪です。

モリンガの種②

室内外とも 同じようなペースでお水をあげていましたが
(霧吹きで乾かないようにシュッシュしますhappy01heart04

室内の方が温度が安定していたのでしょうか。。。
夜ひんやりが続いたので
我が家ではこの期間エアコンをほとんど使っていなかったかもです。

このあと 少しずつ土に植えていきます。

bud

いつもお読みくださってありがとうございますconfidentnote

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

中原淳一展に父と♪

heart

中原淳一展

少し前のこと

父を 中原淳一さんの

生誕100周年記念展に誘いました。

「こんなおじいさんが見に行くなんていうのは

珍しいんだろうね。」(80代)

なんて言いながら

汗をふきふき お供してくれました。

中原淳一展

父を誘ったのは

そもそも わたしが幼いころ

雑誌“それいゆ”や“ひまわり” そして

“それいゆ・生活の絵本”などが家にあったからです。

それらを買ってきていたのは父親でした。

heart

若かりし頃の母親も

そういったモダンデザインのゆかたや

手作りの服を 楽しんでいた時期が確かにあったのです。

今見ても かわいいデザインの洋服。。。

中原淳一展

中原 淳一さんは

戦中~戦後すぐの 質素であることが優先された

(極端にいえば)色のない世の中に

デザインの美しさをはじめ きれいな色使い

美しい振る舞いやココロの持ち方などを

様々に提案~展開していった方なのでした。

中原淳一の言葉 ↓

http://homepage1.nifty.com/mze/nakahara.htm

heart

復元された ワンピースやドレスはとてもかわいくて

ちょっとレトロ感があり 洗練されています。

おひょっ ゴージャス!
中原淳一展

ここでは 撮影を許された数点を掲載していますが

少女~大人の女性の普段着

オーバーコートや着物 その他の装飾品などが

モダンで斬新な色やデザイン(画)で表現されていて

飽きることなく楽しめました。

(人形作家で料理研究家・以前ちょっとご縁があった先生^^)

牧野 哲大さんとのコラボの

男の子のフェルト人形もすてきでした。

heart

父は 会場内の休憩コーナーに

どっこいしょとすわりながら

感慨深げに

「あの当時は おしゃれは罪悪 という風潮だったからね。

こういう表現を次々していったのは ほんとうにすごいことだった。」

ということを言っていました。

heart

こちらのお部屋は 少女の夢のお部屋

中原淳一展

いずれも 戦後すぐの発想とはおもえぬ

古さを感じさせない工夫と彩りだと感心します。

heart

わたしが幼いころ住んでいたテラスハウスの団地には

襖がありましたが 入居する際に

赤と青の大胆な色の唐紙を所望したところ

襖絵といえば墨絵のようなのが一般的ですから

「そんなのはありません!」ということで

模造紙か何かをつかって張ったようでした。

そして 椅子とテーブルのうえには

唐草模様の飾りのついたアイアンランプがあって

わたしはそれが好きでした。

父はよく わたしにおしりが隠れるくらいの

大ぶりの編み込みセーターを着せ

下には(スカートやズボンなしで)カラータイツ

という恰好をさせていましたっけ。

当時は スパッツって なかったですものね。

中原さんの こどものスタイル画シリーズに 

そんなのが登場してました。

今さらながら 中原淳一さんをはじめ

(暮らしの手帳の)花森安治さんたちの提案が 

両親の趣味とあっていて

この影響でわたしの嗜好の原点になっているのかもしれないとおもうことが

たくさんあることに気づかされます。

heart

会場をあとにして

ゆっくり食事をして電車で帰宅。

いつもより だいぶ長い距離を歩いても

元気でいてくれる。。。

今でもリベラルな父に感謝です。

heart

生誕100周年記念 中原淳一展

(ごめんなさい 会期終了しております)

http://www2.sogo-gogo.com/common/museum/archives/13/0601_nakahara/

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ミントウォーター

ミントウォーター
ミントウォーター
蒸し暑い日には

冷たいミントウォーターで生き返ります♪

アップルミントが優しい味わいです。

ミントウォーターは常温でも
熱いお湯を注いだティーもイケます♪

お菓子やアイスクリーム、飲み物のちょっとしたあしらいにも活躍してくれてます。


今日の昼下がりの東京は雷を伴った豪雨だったようですね。
わたしは仕事中外の様子が分からず、、、帰宅時には雨も上がっていました。
植物たちには恵みの雨だったかもしれません。

勤務先の植え込みの土の匂いを心地よく感じながら坂道を歩いてきました。

みなさまの地域はいかがでしたでしょうか(*^-^)b

(携帯より♪)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

まもなく満月

まもなく満月
ちょうど
お布団に入ろうとする頃。。

満月間近のピッカピカのお月さまと
目があっちゃいました。

この写真はベッドの中からの網戸越しです(*^-^)b

とても大きな
美しい月です。

数日前まで
曇りがちだった空が今夜は輝いておりますよ(#^-^#)

低く音楽を流しながら月の光を浴びてます。

明けて
早朝からお出かけなんだけどなぁ
(^o^;)

みなさましあわせでおやすみなさい☆


(携帯より♪)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

モリンガの種①

モリンガの種
モリンガの種
先日
百の用途をもつといわれるモリンガの種を
送ってもらいました。

とってもおもしろいカタチ
こげ茶の丸みをおびた種のまわりに
くしゃくしゃっと羽根が囲んでいるみたいな
羽根の向きが三つに分かれているんです。

最初は水栽培で
種を発芽させてから植えていくのが成功しやすいやり方だそうです。

ゆっくりじっくり
育ってほしいです。
発芽まで一週間くらい待ちます。

モリンガはとても成長が早いそうです。

さてさて
どんなモリンガちゃんに会えるか
いまからとっても楽しみです。

(携帯より♪)

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

グレゴリオ聖歌をうたう

グレゴリオ聖歌をうたう
うたう機会を持ちたくて。。

先日
グレゴリオ聖歌をうたう会に参加しました。

グレゴリオ聖歌といいますとカトリック系ですが、信徒に限らず門戸を解放している会で有り難いです♪

譜面は
普段あまり目にしない“ネウマ譜”という四線譜です。

そういえば、
中世の音楽では
このネウマ譜が一般的だったようで。。

ヒルデガルトさんの“キリエ”の譜面もそうでした。

私は譜面自体に詳しくないので
音の上がり下がりで見当をつけてます(ニコニコ♪)

写真は
カソリックには直接関係していないようにおもわれる
“白山神社”さんです。

歌いに行く道すがらにあり
ご挨拶を。

そういえば白山神社の主祭神
“菊理(くくり)姫さま”は
西洋でいえば聖母マリアともいわれているようで。。
(*^-^)b

八百万(やおよろず)の日本人で良かったなぁ。。

普遍的に大きな
エネルギーを感じながら
これからも楽しみにうたいます♪

(携帯より♪)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

サルでもわかるTPP

う~ん とってもわかりやすいですね。

cloverプロジェクト99%clover による

TPPの紹介です。

http://project99.jp/wp/?page_id=75

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

姫神 一人静

今夜の気分は ひとり静か。。。confident

東京ではこのごろ 星が見えない空が続いています。

雲の上には 限りない星ぼしの物語がshine

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

なんの実でしょう(^-^)/?

なんの実でしょう(^-^)/?
。。。

ボケの実

なんです。

(携帯より♪)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お庭の植物

お庭の植物
お庭の植物
お庭の植物
しばらくお庭に出ないうち
植物たちは大いに成長(^O^)/

お水やりしながら気がついてはいたんですが。。

いつしか通路もふさぐほどのジャングルが形成されていました('-^*)/

おおまかに草とりをしまして。。
後ほど、伸びた枝を紐で括る予定です。
今年はザクロちゃんが豊作です♪
(鑑賞用)


(携帯より♪)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

新月の会


本日16時14分、新月でした。

月は かに座にあります。

折からの激しい雨がちょうどやんで、
渋谷金王神社境内で新月会ができました。

境内入り口付近には茅の輪がしつらえてありました。

新月の会

師匠が『笛の音(ね)を聞きながら周囲の音や自分の鼓動も感じてみてください』と
皆さんにお伝えして。。

まわりの音と自分の内側の音に耳をかたむけてみます。。。休むことなく働いてくれる、
おもうより早めの鼓動をしばらく聞いていました。

新月の会

参拝の終盤に、
灯籠脇から手のひらサイズくらいの大きなカエルさんがのしのし。。!

参加していた小学生の女の子が後をつけていきました。(手水舎のほうに消えました。)

私は一匹しか見ませんでしたが、もう一匹出現したそうです。

それから空には、小型の鳥さんが何度もあたりを旋回しておりました。

笛の音に反応したのかなっ(*^-^)b

(携帯より♪)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大地を守る会

大地を守る会
お試しで
セットをお願いしました。

すごい!

右手から
小松菜
にんじん
ナス
じゃがいも
たまねぎ
豚肉(ローススライス)
スナックパイン

しかも今回は
送料無料でした。

ありがとうございます♪

大地を守る会

http://www.daichi.or.jp/

(携帯より♪)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ホーリーバジル元気です(^:^)ノ

bud

さて ホーリーバジルたちは とても元気に育っております。

一時は プランターのなかで溶けてしまったのかしらんと

心配したくらいでしたけど。。。このようにheart

春のお庭ごと♪

↓ ↓ ↓ lovely

写真

葉っぱのあちこちに 小さな黒い粒々があって

これが 花からこぼれおちた種なのか

虫さんのフンなのか よくわかりません。

しらべてみなくっちゃとおもいながら

いく日もたってしまいました。

どなたか ご存知ならお教えくださいませ~。

bud

さてさて つい先日(2013年6月14日)

NPO日本ホーリーバジル協会が設立されたそうです。

http://www.holybasil.jp/

福島 飯坂に拠点を持ち

理事として かの安倍晋三氏の奥様 昭恵さんも

お名前を連ねて活動されています。

昭恵さんは 基本的に原発推進ではないとお見受けします。

~ねじれ国会~の修正が声高に聞こえる昨今

この御家庭内での ねじれ は。。。!?

と 余計な詮索をしてしまいそうですね^^:。

今こそ ねじれを ∞ に変換して 

両方のよいところを拡げれば。。。upGOODではfuji

と ココロにおもう わたくしでございます。

bud

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

玄関先のグリーン

bud

いつの間にやら 胡瓜がこんなに立派に育っておりました~♪

写真

ですが

葉っぱにきいろの点々がはいってしまいました。

水もしくは肥料不足なのでしょうか?

(肥料は置くタイプのだけにしています)

bud

このアップルミントは 元の株から摘んだのを

水栽培で根っこをはやして 植えたもの。

しっかりしてきたので

さらに 今日 別の鉢に植え替えしました。

写真

bud

バジルは好調。

手前の株からの株分けがおとなりです。

どちらが親株かわからないくらいに成長してくれました。

写真

bud

あおじそちゃんは

ちょっと元気がなく。。。

小さな薄茶色の虫に食べられがちでした。

(水で洗い流しながら虫を避けて

ニームスプレーを使ってみています)

株わけした子達は先日からマリア様に診てもらっています。

写真

おかげさまで だんだん元気を取り戻してきたようです。

bud

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

貴婦人と一角獣展②

貴婦人と一角獣展は 東京では7月15日(月)まで
そのあと 大阪展 7月27日(土)~10月20日(日)までです。

http://www.lady-unicorn.jp/

貴婦人と一角獣 は フランス国立クリュニー中世美術館に所蔵される
15世紀に造られたタピスリー(タペストリー:つづれ織り)の6枚の連作です。

上記HPで六作品ともご覧になれます。

それぞれのタピスリーは

①触覚
②味覚
③臭覚
④聴覚
⑤視覚
⑥我が唯一の望み

を表すと称され、
①〜⑤が人間の五感を表し
⑥の意味するところは謎に包まれているといわれます。

我が唯一の望み。。。
この解釈には【愛】【知性】【結婚】等の諸説があるそうです。

わたしの直感では
【永遠なるもの】 でした。

 

貴婦人の表情から感じたイメージです。

関連の展示物
マグダラのマリア像や当時の装飾品等もたいへん見ごたえがありました。
いつかは じっくりフランスの美術館を訪ねたいです。

音声ガイドで使われていた音楽もすてきで
ガイドの池田昌子さん 池田秀一さんのお声もよかったです。
(こういうのやりたいです^^!!)

************

ところで 美術館への移動中に
縷衣香さんのブログを訪問しましたら
お友達とのランチから
六本木の美術館にいらっしゃりたい旨が書かれていましたので
ご連絡したところタイミングがあってお会いすることができました。

縷衣香さんは以前にも貴婦人~をご覧になっていて。。 
それでも もう一度日本で見たかったのだそうです。

奇遇でした。

貴婦人と一角獣②

しばし お茶を♪

彼女はその後 サントリー美術館にも足を運ばれ
わたしは帰宅しました。

10年住んだ なつかしい六本木
かつては あまのがわさんも通われた街も
すっかり様変わりし
駅に続く 地下のsale看板も このようなおしゃれさ♪です。

貴婦人と一角獣②

ちなみに 国立新美術館に向かう細道は
以前のおもかげが残っていて
かつてあったお友達のおうちあたりもそのままのようでした♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

貴婦人と一角獣展①

貴婦人と一角獣展①

まず、“中世”・“ユニコーン”が好きです。
(長年乗っているクルマのシンボルマークも可愛い一角獣で、
これが気に入って手放せないということもあるのです。うふ)

しかし
歴史上でユニコーンの評価にはなかなかすごい!!ものがあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%B3

(なにしろ ノアの箱舟に乗ったけれど降ろされたくらいですから。。。^^;)

加えて“色”の表現に興味があります。
すてきな“赤”

さらに“紋章”!!ときて

“多彩な植物”で現される“千花模様(ミル・フルール)”となれば。。

貴婦人と一角獣展に行かない手はない('-^*)/

とおもっていたら

たまたま『事前の講義付き』でチケットの購入ができたのです♪

事前に中世(15世紀頃)の世界の文化状況等を大まかに把握でき
展覧ブースの巡回のヒントなどを教えてもらえました。

らっきいclover

頻繁に渡仏している美術の院青年のレクチャーは
画面を使って時代背景等もわかりやすかったです。

今回は
テーマが絞られているせいか
たっぷり時間を掛けての贅沢な鑑賞になりました。

貴婦人と一角獣展①

会場は 国立新美術館です。
わたしははじめて行きました。

(携帯より♪)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

数字でしあわせ(*^-^)b

天使のサポート(*^-^)b

いちまんえん ごひろうしちゃいます

コンビニのATMで
少し大きな支払いのための出金をしたところ

折り目のないキレイなお札に目が止まりました。

ナンバーが4揃い♪
あ。。
天使のお札。。(=^▽^=)!?

とうれしくなりました。

4のゾロ目は天使に関係があるそうですよ~。

出金したお金を郵便局で支払いするときの受付票のナンバーは“123”=“ひふみ”でした。

幸いすぐに受付してもらえて、担当された方「あ!“123”ですね♪この局ではこの番号にはなかなかならないんです。」

順番待ちの方が居なかったので
コインの年代のお話など楽しい数字のお話になりました。

先ほどの4並びのお札をお見せすると、「これ、入金しちゃうんですか?」と。

「うふふ。とっておきまぁす。」

「きっとなにかいいことがありそうですね。良かったら“123”の受付票お持ちになりますか?」と♪

家に戻って
コンビニの出金控をみると!!

受付時刻は
14:44

天使がそばにきてくれたらしい。。。(^。^)ノ

~~あなたのそばにも天使がいるかもですよ~~

(携帯より♪)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »