« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

木漏れ日の庭



雨上がりの木漏れ日のなか
御殿山ガーデンのお庭に降りて
歩いてみました。

木漏れ日の庭

人工的な滝でも

水音が心地よく

ことりたちの声と混ざって

音と空気に癒されます。。。

木漏れ日の庭

小鳥の声や 電車の音

少し離れた 街の音

木や土のにおいがします。

木漏れ日の庭

庭には誰も居なくて貸切でした。

木漏れ日の庭

落ち葉が絶妙なバランスで切り株にのってる^^

もう 秋の色合いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

龍神さまにみえる雲

一昨日の夕方の雲です。

らんだむ

このごろ 龍神さまにみえる雲が

多いようにおもいます。

この雲は

お顔がはっきりしてて

眼もあるように見えました。

撮り直ししてるうちちょっとぼけてきちゃいました

性能アップしたカメラか携帯型端末がほしいな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高輪散歩

数日前

学校帰りに  お友達と待ち合わせをしていて

いつもとは違う方向に歩きました。

 

らんだむ

見慣れた通りに面した

送迎バスの発着にもつかわれるビルの裏側には

以外にも おおきな庭園スペースが拡がっていました。

サルスベリの花がかわいいです。

らんだむ

ここは 中学で電車通学をはじめたころから

車内からみえていた丘陵地で

あんな家に住めたらいいなあと思っていた場所が

すぐ向かいがわのあたりにあります。

(すてきとおもっていたのは丘のてっぺんの。。。

おそらく開東閣の敷地内にあるのではとおもわれる一軒家です。

今思えば三菱財閥の関連の方のおうちだったのかも。。。

もうすこし進んだところの路地には

だれかさんのあしあとが

らんだむ

このあたりは 路をはさんで

品川区と港区の境になっているのだそうです。

もうすこし進むと ユニセフがあり

JRしながわ方面に抜けられます。

たのしい高輪散歩でした。

(おまけ)

この日いただいた

ロイヤルホストの 11種の野菜のテリーヌ

らんだむ

いろんなものがつまったモザイクが

たのしいなっておもいました


| | コメント (0) | トラックバック (0)

満月の集い・深大寺



満月の集い・深大寺
十五夜の今日

調布、深大寺の水神苑で
横澤和也氏の演奏会がありました。

満月の集い・深大寺

素晴らしい月夜に
笛の音がこだまして虫たちもコラボ♪

途中で鐘の音も響いてきたり
飛行機の音も。。

満月の集い・深大寺

森羅万象と調和していく
月夜の演奏会でした。

満月の集い・深大寺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動き出しましたね ちきゅう号

また 深海探査ということです

ちきゅう号

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2968087/11341668

過去記事です。

『ちきゅう』という名の船

http://harmonic-univers.air-nifty.com/cosmos/2012/03/post-2f76.html

 

台風一過後 かなり空気が冷たくなってまいりました。

みなさま 体調くずされませんように。

被害に遭われた方々の一刻も早い

よりよき対処と安寧をお祈りします。

そのほか 

スマトラでも地震が発生したようで。。。

地球全体の安寧も祈念しています。

おおきな 変化の波を

うまくのりきるわたしたちでありましょう。

ちきゅう号が 本来の目的を遂行する

平和のための船でありますように。

~わたしたちは 宇宙船ちきゅう号の乗組員~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秘密保護法案 パブコメ締め切り

急な 話題フリですみません。

先程帰宅しまして たまたま

岩上安身さんのブログ“晴耕雨読”で目にしたのですが

秘密保全法について 

http://sun.ap.teacup.com/souun/12062.html

みなさまはご存知でしたか??

わたしは 不勉強にて知りませんでした。

この件に関しては

藤原紀香さんも記事にしていらっしゃいました。

秘密保全法案って?

http://www.norikanesque.com/jpn/norika_diary/index.html

紀香さんがこの案件について とてもわかりやすく書いていらして

すばらしいとおもいました。

紀香さんの当該ブログページからも 意見提出(パブリックコメント)できます。

疑問点があまりに多い秘密保護法案(日経新聞)

http://www.nikkei.com/article/DGXDZO59415920X00C13A9EA1000/

非常におおざっぱですが

国が 『これは秘密にすべき事項です。』と決めれば

この情報は 開示されることがなくなり

この情報にアクセスしようとしただけでも罰せられるというものです。

「国民の知る権利」や「報道の自由」を奪われるものなのでは

内閣府へのパブリックコメントの受け付けは

なんと本日中なんです。(九月十七日

該当PDFでみますと 時間指定はないようです。

書面であれば 本日の消印有効とのこと。 

台風の一過に伴い たいへんな思いをされている方々も

おおいことおおもいますが。。。

これからの わたしたちの生活基盤が 

TPP交渉の成り行き等を含め

見えないところで 

気づかないうちに大きく変わって行ってしまうかもしれない

という危惧を持ち記事にしました。

同じ時代の地球~日本で共に生きるわたしたち。

わたしは国の情報は公開が大原則と考えております。

ぜひ ご参考くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨の日も風の日も

昨日から  ありがたき縁あって

あらたにスクールに通い始めました。

この歳にして。。。(どの歳だって!?^^) がっこう!

御殿山

最寄駅を降りてから

スクールまでの道のり

緑が多いところを通れて とっても幸せな気分です。

。。。 御殿山の 桜並木。。。

御殿山

ヒルズの杜も美しいです。

向こうの角は 翡翠原石館

すてきなたたずまいです。


御殿山

空き地に 黄色いコスモス

御殿山

瀟洒な住宅街のお庭も

緑が多く癒されます。

人生の棚卸をかねての一大決心

キャリアメンタルヘルス・カウンセリングを学びます。

ハーブのこと

音楽のこと

植物~自然療法

わたしのなかでは

すべてが有機的に繋がっています

半年間

アルバイトしながらがんばりま~す

| | コメント (4) | トラックバック (0)

モリンガの栽培③

またまた 植物の生育の話題です。

よろしければおつきあいくださいね。

まあるい葉っぱがかわいいモリンガたち。

こちらは 七月の末に植えた 第一弾

もりんがたち
↑ この子は 直接土に種を埋めて発芽した子です。

水栽培とさほど変わらない数日遅れのタイミングで芽をだしました。

↓ 下の写真の茶色のポットが30センチほどになったいまの姿です。

まわりに見えているのが 

水栽培で発芽後に土におろした子たちです。

もりんがたち

背の高さはまちまちで 40センチから50センチほどです。

わたしがありあわせの土を使って植え込んだせいなのかもしれません。

ところで下葉が黄色っぽくなるのは

栄養不足なのかしらん。。。

緑のまあるい葉のなかに 

黄色の符がてんてんと入ってしまっている子もいて

ちょっとしんぱいです

↓ この三株は そのとき同時に発芽して植えこんだ子たちです。

40センチくらいです。

モリンガは 二酸化炭素をほかの植物の倍ほども吸うため

ほかの植物に気遣いして あまり大きくならないと聞き

南のベランダに移して様子をみている子たちなんです。

もりんがたち

ところで モリンガはとてもさびしがり屋さんなんだそうです。

書き込みいただいた 植物のプロ 

こふじ村さんは 名前を呼んで

日々声掛けしていらっしゃるそうです

わたしは 

行ってくるね~ とか ただいま~ とか。。。おおざっぱ

もうちょっと気遣ってあげなくちゃですね

植物は 人間に声をかけられることが

とってもしあわせだと聞いたことがありますから、、

これって

モリンガに限ったことではないのかもしれませんが

それぞれの種の固有の性格ってあるんじゃないかな

とおもったりします。

さて 見た目はあんまりかわりませんが

こちらはつい先日6日に

直接土に種を埋め込んだ新人さんたちです。

天候の加減か 成長がはやくて 3~4日で

このように芽が出てきて

もりんがたち

ぐんぐん伸びて 今日のお姿はこちら↓

もりんがたち

モリンガの成長の早さが 

WHOの推奨まで受けた理由のひとつかもしれませんね。

ここに写真をアップした以外にも

成長中の子たちがいます。

立派に育った時 ほんとうは鉢から

大地におろしてのびのび育ててあげたいところです。

お庭にスペースつくれるかなー

~思案中~

妄想は 将来みんなでプランテーション

いつもお読みいただいてありがとうございます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

秋にひとあし・重陽


きょうは重陽の節句
究極の陽といわれる“九”の重なりの日ですね。

秋にひとあし・重陽

大門方面に行き
芝大神宮にご挨拶に伺うと

禰宜(ねぎ)さんが笙(しょう)の音(ね)で先導している
結婚式の行列に会いました♪

なんだかうれしい。
幸せのおすそ分けをいただけそうですね
(^-^)/

幸多かれとお祈りします。

その後
自由が丘で用事をすませて

秋にひとあし・重陽

夕方になってから
奥沢神社に立ち寄りました。

午後からはすっかり秋めいた風が吹いて
陽が落ちるのも一気に早くなりましたね。

朝晩の急な冷え込みで
みなさまお風邪など召されませぬように
(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホーリーバジル その後

暑かった夏も そろそろ終わりでしょうか

今日の東京は朝から過ごしやすいです。

久しぶりに ホーリーバジルの写真をアップしますね。

ホーリーバジル写真

高さは 60センチに満たないくらいです。

少し青みがかった白いお花が咲いたあと 

すぐ茶色に変色してきます。

この穂のなかに 種が育ってくるとのことで

同じ枝の葉っぱをせっせと摘んでいましたが

忙しさにかまけて ちょっと放置すると

すぐ水不足になり 枝の下部まで茶色っぽく変色してきてしまいます。

大きめの葉っぱを摘んだ後に 

またどんどん小さい葉っぱが出ていますが

これを摘むのは忍びなく

(スカスカになっちゃっていいのでしょうか!?)

こんなかんじです↓

ホーリーバジル写真

そうこうするうち 虫さんたちが活躍しちゃってます。

こやつらです↓↓

(虫ダメな方 ごめんなさ~い)

ホーリーバジル写真

いちばん下の方から 

あかいの。

きみどりの。

黒と黄色のしましまの。

(こいつがいちばんアクティブで

ぴょーんと飛んだりもするのです

葉っぱをくるんと巻き込んで その中に

粘性のある綿状のふわふわがあって 

住んでます。   住まんでくれ~

さてこちらは 株わけした!?

水栽培で根っこがでたのを植えたものです。

ホーリーバジル写真

建物入り口あたりに置いて

ここら全体をお守りいただこうという魂胆です

さてこれから先 どのタイミングで

葉っぱを摘んでいくのか

どれくらいの規模で摘み取るのか 等々

『ホーリーバジルの縁結び』

ゆうこさんのとこで 勉強させてもらおうとおもいます。

みなさま 佳い週末をおすごしくださいね。

ちなみにわたしは これから仕事いきまーす

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スケッチオブミャークを見ました


アンコール上映にて
渋谷アップリンクで“スケッチオブミャーク”を鑑賞しました。

スケッチオブミャークを見ました

(↑待ってる間のお茶タイム:わらびもちや糀をつかったお菓子

ミャークとは宮古島のこと。

わたしの敬愛するミュージシャンのひとり
久保田麻琴さんが
日本の源流みたいなものに惹かれるようになって。。

熊野の山中を歩いたりするうち
人づてに宮古島に縁ができて通い始め

口伝による伝承が途切れそうな
神事~おばあたちのうたに出会い。。。
いてもたってもいられなくなり 取材を重ね。。。
映像化したとのことです

 

かつては 重い“人頭税”にあえぎながら 
サトウキビ等を栽培し 自然発生した “うた”

土地を司るものを 神として崇め
大切に交流してきた 女神たち

しわの刻まれた おばあたちは
みんな並はずれてたいへんだったに違いないけれど
笑顔が途切れず とてもチャーミング

おとこたちも うたをうたった

かざらない“うた”

原初の感情

土地に根付く エネルギーとの交流

うたとおどり は 日々の生活の中にあった。

わたしのうたもそうでありたい です。

おじいから島のうたを引き継ぎ
両親とうたい演奏する 
けなげな少年は

真のミュージシャン♪でした

スケッチオブミャークを見ました

(↑映画の余韻にひたりながらのおしゃべり
カフェオレのハート型が飲み終わりまでくずれなくてびっくり♪)

こころがキレイになって動いていくような

すがすがしい時間でした。

PS:

奇しくも(おそらく)今日
わの舞のグループが 宮古島で舞い
映像を撮っているとおもいます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »