« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

水瓶座新月

今日 午前六時三十九分 新月です。

369は わたしのすきな数字です♪

((o(´∀`)o))ワクワク

そして 今日は旧暦の元旦にあたる日でもあります。

あたらしい気持ちで フレッシュスタートを切るには

最適な日になりますね。

このところ 学校~アルバイト~私生活とも

充実していてありがたいです。

ブログ更新はますます カメさん模様ですけれど

訪れていただいているみなみなさま

ありがとうございます(*´∀`*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

本日 天一天上

本日は
暦のうえで
天一天上
という日です。

何か
めでたそうな響きです。

天が全て一なる上に。

先ほど
わの舞 に参加したとき

ふいに訪れた感覚なんですが、、

しばらく
『流音』という名前は封印です。

わの舞の人たちの間では『流音さん』が流通していたので
ちょうどいい機会になりました。

代わりの呼び名は
名字からきた
『○○っち』
にしてもらいました。

(いま学校で、そう呼ばれています。)
少し自分の目標のシフトを
変えていこうという気持ちになっているところです。

(携帯より♪)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

感謝の場所です

感謝の場所です
たまに行く場所です。

訪れるたびに

勇気やエールをもらえるところ♪


∞感謝∞

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お詫び

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
*こちらの記事はしばらくのあいだTOPページに置かせていただきます*

 

 

 

 

 

 

あたらしい記事は この記事の下欄をご覧いただけましたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

∞ いつも ブログを訪れていただき

 

              ありがとうございます ∞

 

 

 

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

 

昨年12月2日に行われました

 

アプリコ・小ホールでのイベントにて

 

わたくし 流音 が参加の 朗読~うた におきまして

 

拝読させていただきました 

 

縷衣香様のご著書 「宇津保物語」終盤の一節において

 

心血を注がれた作品をご本人のご紹介をすることなく

 

承認なしの使用 改ざん という 

 

非礼きわまりなく 法律に触れる行為におよびましたこと

 

こころより 反省しおわびもうしあげるものでございます。

 

 

 

今後一切このような行為に及ばぬよう

 

このたびのご指摘を真摯に受け止め

 

今後の糧とさせていただく所存でございます。

 

 

 

 

日頃よりご厚情を賜り 実績のない私に光をあててくださり

 

当日も旅のお疲れも癒えぬまま

 

会場に駆けつけてくださった縷衣香さまのおこころを深く傷つけてしまったこと

 

またおつながりをいただきましたゆりあさんへのご報告もいたしませんでしたこと

 

あわせまして 自身の無明がひきおこしたことと深く反省しております。

 

 

 

流音 拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

雲のうえには

雲のうえには
輝く太陽!!

地上に居ると
雲で見えなくなることのある

“天”

あまねく照らすこの陽光〜日差しが用意されていることを
忘れてしまいそうになることもあります。

地上のどのものも
陽の光を受けて
輝くことができるのです。

わたしは

天地から請求書を受け取ったことがありません。

両親からの
慈しみに対しても
同様です。


地上の愛には
どのような表現があるのか
考えてみる機会の多かった日々が続きました。

そうこうするうち
この数日間は義父との別れのときを過ごすようになり

同時に
ダウン症という個性を持った姪っ子との日々は

また 沢山のことを伝えて貰える機会になりました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

新年 新月

新年 新月
新年 新月
新年 新月
新年 新月
新年 新月
新しい年を迎えました。
穏やかで暖かな東京です。

***

それぞれの人が
それぞれの道で

自己実現していける未来を
安心して作れますように。

***

ことしは
元旦の夜が新月にあたります。

宇宙に願いをリクエストできますね。

***

写真は
昨日の午後の
明治神宮です。

大祓式に参加できました。

ちょうど
明治天皇のお后
“昭憲皇太后”の百年祭で
参道に記念パネルが展示されていました。

皇太后の残された
心に触れる
いくつものすてきな言葉に出会いました。

写真、横向きのもありますが
御覧ください。

ここも
年越しから凄い人出になっていることでしょう。

では
ことしもよろしくおねがいいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »