« 沖縄の神の手(追記いたしました) | トップページ | 満月近い 虹の月 »

大神島


沖縄県方面 日曜の梅雨入り宣言後

明け方からは激しい雨に。

雷雨混じりの凄い天候になりました。

この道中は ずうっと
雨なんでしょうかとおもった矢先

朝から お日様が顔を出し

小鳥がチュンチュン。

予定通りに 大神島に渡ることにしました。

定期便の船が

一日に数往復あります。

昼過ぎに船着き場につく頃には

また スコールになり

大神島は 禊(みそぎ)の島渡りになりました。

大神島

大神島の住人は 現在 29人

そのうちのお二人

おじいとおばあと一緒になりました。

おじいは 最近お連れあいをなくされ

独りで寂しいと仰ってました。

そしたら おばあが この人の息子さんはお医者なんだよ。

若い者たちはみな ヤマトに行ったさ。
(ヤマト‼という表現なのかぁ)

みんな 気軽に 島に来ればいいさぁ。
泊まれるんだよー知ってる?
と、何回も言ってくれました。

船を降りたら、
島に唯一の食堂に行きなさい。

美味しいのがあるさぁ。
と おぷゆうを薦めてくれました。

大神島

船をおりたところで こっちこっち。ここ!

あたしはこれから デイサービスいくからさぁ。

そこで いただいたのは
タコのごはん。

タコは島で捕れるもので
燻製にして保存し、
食べるときに玉葱といため合わせてさっと煮てあるのです。

大神島

もずくもおいしい~。

食堂では島の若手の数人の方に
島の話をお聞きしました。

皆さんフレンドリーで
とても楽しかったです。

幸い タコの燻製の取り置きがあり
お土産にさせてもらえました。

ラッキー!(*´∀`)ノ

あとで聞いたら
島の人と 話せたのは わりと珍しいことなんだそうです。

雨で、みんな居たし
タイミングが良かったんですね。

食堂脇の敷地は

大神島

かつて 小中学校があった場所。

二十年ほど前は
子どもたちも 60人くらいは居たそうです。

今は 跡継ぎが居ない家を
その都度 取り壊しているそうで
お話してくれた 赤銅いろのカッコいいおじさんは 家を潰したくないので
週の半分くらいを 島で過ごすそうです。

島の反対側に
道を作ろうとするたび
上手くいかないことが起こったそうで
今も周回道路がないのです。

神様の島だから
全体がご神域ということなのですね。

祭祀の時は
遠見台という高見も
立ち入り禁止になります。

大神島

写真は 遠見台に続く道
この先から てっぺんまで木製の階段が続いています。

晴れたら凄く視界が開けて
素晴らしいのだろうなあ。
ですが雨の 大神島も 独特の雰囲気です。

ずいぶん日にちが 経ってからの更新です。
いま、文字を打っていたら
急にスコールが!(東京です)

なんだか不思議

|
|

« 沖縄の神の手(追記いたしました) | トップページ | 満月近い 虹の月 »

しあわせ」カテゴリの記事

ふしぎ」カテゴリの記事

光の旅 」カテゴリの記事

旅 地域」カテゴリの記事

浄化」カテゴリの記事

祈り」カテゴリの記事

自然界」カテゴリの記事

コメント

梅雨ならではの大神島の旅
読んでるだけで
感動です。

投稿: ちか | 2016年6月 4日 (土) 22時20分

ちかさん たくさんコメントありがとうございますheart01

ほんと 大神島には ぜったい行きたかったので

雨の中 渡ることができてよかったです。

島の方ともお話ができて とてもよかったです。

こんど宮古に行くときも また渡るつもりでいますfujiheart

投稿: ちかさんへ*cosmos | 2016年6月15日 (水) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136402/63664805

この記事へのトラックバック一覧です: 大神島:

« 沖縄の神の手(追記いたしました) | トップページ | 満月近い 虹の月 »