ぼくたちは歌うことで世界を変えていく

ぼくたちは歌うことで世界を変えていく
ぼくたちは歌うことで世界を変えていく

先週の金曜から日曜

半年ぶりに来日した

かつてのゴスペルティーチャー

MDストークスの

三日連続ワークショップが開催され

今回は

わたしは三日目

ワンデイブートキャンプに

参加することができました。

昨年の6月に

およそ20年ぶりの来日が実現!!

その知らせを受けて

昨年は

三日間の感動のワークショップに

この流れは

ストークスの懐刀

木島タローさんによる尽力の賜物でした。

感謝!d=(^o^)=b

ストークスのピアノ!!

そしてティーチングの素晴らしさは

なかなか言葉では

言い表せないのですが

ここに

一言だけでも記したく

そのひとつが

タイトルの言葉です。

タローさんの通訳も

淡々としながら

直接響く

言葉の選択が素晴らしい♪

当日の模様は

YouTubeにアップされます。

(昨年の模様もアップされています)

尚、1月31日には

栃木・宇都宮にて

(大宮は私の間違いです。

  すみません(^_^ゞ)

ワンデイワークショップがあります。

そちら方面にいらっしゃれる

ゴスペルに興味のあるかたは

是非!ぜひ!ご参加くださいませ。
( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

以下、案内人
タローさんからのニュースレターから。

◆宇都宮のお知らせシェアのお願い
今週水曜日、1/30には、宇都宮でワークショップを開催いたします。
ぜひ、その地域にご縁のある方は、お知らせのシェアにご協力いただけましたら幸いです。

宇都宮セッションご案内とお申し込みページ:
https://sites.google.com/view/mdstokesutsunomiya

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フルサト:::美しき緑の星 :::

だいぶ前に 掲載させていただいた

映画

  美しき緑の星  

このところ 何回か見直して。。。

なんだか ほっとしていました

1995年ころに フランスでつくられた映画です。

当時 なぜか上映禁止となり

数年前に 日本で話題になった時も

動画が 何回となく消されてしまいました。

この サイトでは 無料で視聴していただけます。

http://video.fc2.com/content/20150512gC5r3kSd/

画像を 貼れないので ここに ↑↑飛んでご覧くださいね。

一時間半ほどの作品です。

最初のシーンで 目がいくつも写って

ちょっと不気味に感じるかもしれませんが

コミカルな作品です。

ちなみに 目を覚ましたくない方は

見ないでください とかって

言われているそうですよ 

少しずつ 拡散して

みなさんに 観ていただきたい作品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SANCTUS libera

午後から 東京は雨になりました。

この曲を聴くと NINAGAWAさんをおもいだします。

むかーし昔 のオモイデとも 結びついていきます。

画面は Youtube よりお借りしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

世界一貧しい大統領は貧しくない

 桜の季節 

4月6日 都内の小学校は入学式でした。

あたたかな 佳き日でしたね。

ところで

元ウルグアイの大統領

ホセ・ムヒカさん!!81歳!!

現在来日中だそうです。

数年前の リオ会議(環境の未来を決める会議)

映像と スピーチ内容を 覚えていらっしゃる方も

多いことでしょう。

↓ ↓ 

http://whats.be/2180

この方が 日本に  

今 この時に来て下さったことに感謝します。

来日のニュースはこちら

↓ ↓ ↓

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201604/CK2016040602000262.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こころが動く 人のための医学

NHK総合TV 歴史秘話ヒストリアにて、

▽戦のない世を目指して

~戦国時代のスーパードクタ=曲直瀬 道三の生涯 を放送していました。

番組HP→ http://www.nhk.or.jp/historia/backnumber/270.html

(番組内容紹介より)

戦国時代に、医学に革命を起こし、

人の命を救うことに障害をかけた医者がいた。

曲直瀬 道三(まなせ どうさん)だ。

薬を 中国の本の通りに処方する医者がほとんどだった中、

道三は、一人ひとりに合ったオーダーメードの治療をし、

戦国大名毛利元就や織田信長からも絶大な信頼を得た。

武士の家に生まれた道三が、なぜ医学の道を志したのか?

戦国の世に、医学を旗印に人々の幸せを追求した道三。

その感動の生涯をたどる。(ここまで 引用です)

道三の師は 足利学校の名医 田代 三喜(たしろ さんき)

彼は 生薬を組み合わせて 一人ひとりにオリジナルレシピの

薬草の組み合わせで薬を処方していました。

私が お茶を作るときに

ハーブを選んでいくときの感覚に近いものを感じて

見ていて とてもわくわくしました。

そして 三喜が 特に脈診を重要視し

その弟子である 曲直瀬 道三 には 

自らの死にいたる臨床をもってまで

引き継がせた客観性に 目を瞠る想いでした。

中医学やアーユルヴェーダの叡智にもつながっていますね。

誰に対してもわけ隔てのない診察であった精神性も

しっかりと受け継がれていました。

また その弟子である  施薬院 全宗(やくいん ぜんそう)にも 

それらがうけつがれたのでした。

毛利元就の診察を打診されたとき 

道三は 元就を、人としては助けたいが

彼を助ければ また戦で多くの命が失われるのでは

との想いをもって逡巡したといいます。

しかし その治療で 道三流を確立していき

鍼灸のツボを 開発し これが現代にも繋がっています。

期せずして 西洋医学が入る前の 

「日本医学中興の祖」のひとびとのことを

垣間見ることができました。

この人々はそれぞれ 俳諧や詩歌をよくし

こころの機微や感情を 

うまく掬い取ることができた人たちなのだと感じて

胸が熱くなりました。

ほんとうの 医学とはなんだろう。

人の役に立つとは どんなことなのだろう。

中世にドイツの ビンゲンに住んだ

ドイツ医学の祖でもある ヒルデガルト

身近にある ハーブ・薬草を用い 

音楽にも深い造詣をもったことなども思い起こさせ

わたしのなかにある 何かか

またぐるぐると動き始めた感覚があったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月にきいたおはなし 絵のない絵本

昨夜はクリスマスの満月

今夜の月も 夜空にさえざえと美しいです

月

ひとつ前の記事でご紹介させていただいた

PONちゃんのこちらのドール 4体は

アンデルセンの 絵のない絵本 より

右はじの女性は 第一夜のガンジスの女性。

左はじの男の子は 第二十六夜の煙突掃除の少年。

絵のない絵本は 月が世界中で見てきたことを語ってくれる

アラビアンナイトのようなお話です。

第十六夜 は プルチネッラ(道化)の恋のお話です。

プルチネラ

どんなお話かといいますと。。。

(童心社:絵のない絵本を参照:こちらではポリチネロ:道化師です)

プルチネッラは 自分にやさしくしてくれる女優lコロンビーナを

心の底で 深く愛していたのです。

コロンビーナが好意を寄せていたのは アレッキーノ。

二人の婚礼の日に 一番はしゃいでいたのは プルチネッラ。

ある晩 コロンビーナが死んでしまったのですが

劇場の支配人は 観客を失望させないために

愉快なものをださなくてはいけませんでした。

プルチネッラは 二倍も陽気に 踊ったり跳ねたりしました。

観客の 拍手喝さいが

ブラボー! ブラビッシモ!

。。。。 もう少しだけ おはなしには続きがあります。

このお話を PONちゃんのお姉さまである NAOMIさんが

朗読してくださいました。

お二人は 以前より ドール展示と朗読のユニットをされていて

ここしばらくは お休みをされていたのです。

NAOMIさんは わたしの過去生もひも解いてくださった方。

その的確で豊かな表現は 長年の英語教師や朗読 

演劇活動等々の経験のたまものです

ひとつひとつのドールに繰り広げられる世界観のなんと豊かなこと!

おはなしも 次々と呼んで下さり BGMも素敵です。

姉妹の造り上げる空間は 五感に訴えかけてきます。

(続く。。。予定):ドール写真 クリックで大きくご覧下さいね♪

PONちゃん。。。Tete de Lapin http://tetedlapin.exblog.jp/

NAOMIさん 。。。http://felicia4u.exblog.jp/

姉妹のユニット 月明かりの森 。。。http://themoonlg.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一日おくれのサンタさんからね

イブ~クリスマス 楽しまれましたか?

本日 いちにち遅れのプレゼントを

キュートな人形を造る アーティスト Tete de Lapin

PONちゃんの ピーナッツサンタさん をお届けしましょう。

写真①

このかっこいいリーゼントは ピーナッツの自然なカーブなの

すてきでしょ (横からみるとわかるんだけど

こどももなんて愛らしい

そしてこちらは 聖歌隊

ひとりひとりのお顔に 人生が見えるよう

i写真①

すこしずつ 彼女の作品をご紹介させていただきますね

PONちゃん=Tete de Lapinさん のページはこちらから→★

すばらしい 創作をごらんください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こころの旅が始まった

今週の 水~木は 奇跡的に連休です。

おもいきって 国内某所におでかけすることにしました。

水曜の夜 泊まらせていただく民宿にお電話しました。

過日 空きがあるかの連絡と、予約の連絡を入れた時は

(多分)旅人のおばちゃんが 「わかったよ。(お宿の)おじちゃんに必ず伝えるからね。

ここに来るのが一番いいよ。」とお受け下さいました。

とてもすてきな対応をしてくださって感動&感謝♪♪♪

そして先ほど、念のために 何時頃に到着するか お電話したところ

「○○○に行きたいって!?そこへ送ったほうがいいかな。」

「え!?まだ決めてないんです。体力的にもきびしいかなって」

(その場所までは 車で一時間以上だし)

「あ、そうか。じゃ、来てから決めればいいよ。

あんたのいちばんいいようにしてあげるから。」

「。。。あ、ありがとうございます」(こころにズキュン)

「16日の夜に話して決めような」

あれこれ お話下さることばの一つ一つにびっくり。

「おじちゃんはな 86だから 襲わないから安心して」

なーんて ユーモアたっぷり

「おじちゃん、わたしも襲いませんから」

二人で笑いながら びっくりするほど泣けてきました。

わずか 数分のやり取りで こんなに自分を受け入れてもらえるなんて

顔がくしゃくしゃになっなっちゃうじゃないですか。

(元々って だれか言った!?笑)

こんなことって あるんですね。

明日も夜まで お仕事がんばろう。

その後 深夜便で かの地に出発です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本田さんとママTのMISTY

日中に ちょっとJAZZのことに想いを馳せていたら

帰宅の時に あたまのなかで 本田さん(ピアノの本田 竹廣さん)とママTの

横田基地ライブの “MISTY”が鳴りやまなくなってしまいました。

うちには RECORD盤しかないけど CDもあるのかなあと探してみたら

YOU TUBEにアップされていました。

すぐに聞けて うれし~ 

こちらでございます↓

MISTY といえば 元々は エロール・ガーナーのバラードで

いろんなひとが カバーしているけれども

わたしは この にぎやかしい 本田ブルースが本命かな。。。♪

横田基地のなかのバーで ママT(ティー)の

包容力のある ダイナミックヴォーカルが大大好きです。

聴き手の反応が めっちゃいいです。 ノリノリ

学生のころ アルバイト先の JAZZ CLUBで 本田さんのピアノに出会って

彼の 寡黙な人柄と ソウルフルな演奏にぞっこんでした。

そのころの 本田さんのイメージとダブる演奏です。

このあと 明日に架ける橋 等に続いていきます。

("Big Mama" Thornton) Mama T. (vo) 

本田竹曠 T.Honda (pf) 

鈴木良雄 Yoshio Suzuki (b) 

James Cheek (ds

その後 ずいぶん経ってから

横田基地のなかには GOSPELを歌いに行きました。

伺ったのは基地内の教会や 住人のハウスでしたから

基地内のどこで演奏が行われたかは不明です。

(Youtube に出ている UZUというのは

基地の外のライブハウスですね

基地 外~~!?

今日後半は MISTY の

弘法大師様の誕生日でした

あおばまつり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武相荘③すてきなディテイル

レストランの内部 (木工室)

武相荘3


武相荘3

ゆらゆらガラス

武相荘2

レストランで私たちが通された席は

このステンドグラスの真横の席でした。

趣のあるタペストリーは農家風モダン

ランチは全員

白洲家特製 海老カレーにいたしました

4

おうちの入り口の新聞受け

4

消火栓の帽子部分が アスパラガスみたいな凝ったデザイン

蛇口のてっぺんにはDRINKINGの文字♪

ここから散水したのでしょうか


みどりのなかで ずっと木漏れ日を感じていたい場所でした。

おふたりは この場所を起点に 

精力的に ひとところにとどまらない

発展の日々を過ごされたのですね

なんだか触発されて

スケールのおおきな日本人でありたいとおもいました。

ぶあいそう紀行におつきあいくださり ありがとうございます

白洲 次郎さん 正子さん ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

jplive youtube 【ふらっと】 【花水木】 ありがとうさよなら原発 うた おさんぽ おもしろGOODS お知らせ しあわせ すきなひと すてきなひと はっぴー らっきー♪ ふしぎ ほっとひといき みんなでやってみよう アート イベント ウェブログ・ココログ関連 エックハルト・トール エネルギー オノマトペ カフェ ギフト シンクロニシティ ハーブ バトン ペット メッセージ ライブ ヴォイス 住まい・インテリア 何が本当か 光の旅  動物 危機管理 地域 地球とともに 太陽・月・地球 季節 学問・資格 宇宙・地球の進化 宇宙・天体 安全・食 宮澤 賢治さん 家族の肖像 建物 モニュメント 記号 ロゴ  建築物 モニュメント  心と体 心ゆたか 情報 感謝 才能をのばす 携帯・デジカメ 文化・芸術 文字 デザイン 新年 旅 地域 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 木を植える  木を植える 種をまく 植物 浄化 琴線 真実を知ること 祈り 祈り(意乗り) 祝詞 真言 神社 神社★お寺★教会★聖地 神社★仏閣 美味しい・たのしい 脱原発 自己調整 自然界 自然界の贈り物 色彩 言葉 言霊 言霊 言霊 音魂  記憶 詩 うた 誰でもできる 豊かな資源 贈り物 趣味 雑感 音楽 音色   音魂 飲み物 食べ物 養生 Good News