芸術の秋 超絶技

この動画 前からたまに拝見し  

元氣もらってます。

YOU TUBEより 

ブログに貼ろうとしたら出てきた

グリコ アーモンドチョコのCF動画

“いいんだよ”に感動!

おもわず 全編見てしまい

元氣もらえました

もっと 自分をほめていいんだよって

やりかけの自分にもまずはOK出してあげてって

 。。。

もし ご紹介できたら

貼りますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月にきいたおはなし 絵のない絵本

昨夜はクリスマスの満月

今夜の月も 夜空にさえざえと美しいです

月

ひとつ前の記事でご紹介させていただいた

PONちゃんのこちらのドール 4体は

アンデルセンの 絵のない絵本 より

右はじの女性は 第一夜のガンジスの女性。

左はじの男の子は 第二十六夜の煙突掃除の少年。

絵のない絵本は 月が世界中で見てきたことを語ってくれる

アラビアンナイトのようなお話です。

第十六夜 は プルチネッラ(道化)の恋のお話です。

プルチネラ

どんなお話かといいますと。。。

(童心社:絵のない絵本を参照:こちらではポリチネロ:道化師です)

プルチネッラは 自分にやさしくしてくれる女優lコロンビーナを

心の底で 深く愛していたのです。

コロンビーナが好意を寄せていたのは アレッキーノ。

二人の婚礼の日に 一番はしゃいでいたのは プルチネッラ。

ある晩 コロンビーナが死んでしまったのですが

劇場の支配人は 観客を失望させないために

愉快なものをださなくてはいけませんでした。

プルチネッラは 二倍も陽気に 踊ったり跳ねたりしました。

観客の 拍手喝さいが

ブラボー! ブラビッシモ!

。。。。 もう少しだけ おはなしには続きがあります。

このお話を PONちゃんのお姉さまである NAOMIさんが

朗読してくださいました。

お二人は 以前より ドール展示と朗読のユニットをされていて

ここしばらくは お休みをされていたのです。

NAOMIさんは わたしの過去生もひも解いてくださった方。

その的確で豊かな表現は 長年の英語教師や朗読 

演劇活動等々の経験のたまものです

ひとつひとつのドールに繰り広げられる世界観のなんと豊かなこと!

おはなしも 次々と呼んで下さり BGMも素敵です。

姉妹の造り上げる空間は 五感に訴えかけてきます。

(続く。。。予定):ドール写真 クリックで大きくご覧下さいね♪

PONちゃん。。。Tete de Lapin http://tetedlapin.exblog.jp/

NAOMIさん 。。。http://felicia4u.exblog.jp/

姉妹のユニット 月明かりの森 。。。http://themoonlg.exblog.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武相荘②和風モダン

(続きです)

敷地に入ってすぐの 風の通るカフェの横には

次郎さんの愛車ベントレー

武相荘1

木工室(現レストラン)の手前二階には 

バーを兼ねたギャラリーがあり 休憩できます。

武相荘2

軽めのJAZZが流れていて

最高の居心地

武相荘2

自宅のバーは かなり本格的

お二人の知人や要人も ここを利用されたのでは。。

武相荘2

ドキドキ ワクワク 

4

ココロ惹かれる デザイン

たとえば

戦時中には

どんなふうだったのだろうか。。。

ここで 緊迫した話が 展開したかもしれない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

日中文化交流イベントに参加します

本年は 日中平和条約締結から35周年。

また 中国古琴が世界無形文化遺産に登録されて

10年が経過した節目の年に当たるとのことです。

これを機に 来週の月曜日 

東京都大田区民ホール『アプリコ』にて

日中文化交流イベント

『宇津保物語』に登場する中国古琴(こきん)と書画展

が開催されます。

cosmosが参加させていただくのは

演奏会

『南風』古琴の演奏

アプリコ 小ホール

12月2日 18:30 ~ 21:00

  18:30開場 19:00開演

入場料  先着150名さま無料

です。

グランドプリンスホテル新高輪内で

中国茶倶楽部 「春風秋月」を主宰されている 

古琴(こきん)の名手 高 欲生さんの演奏で

宇津保物語の一節の朗読と漢詩を詠わせていただきます。

(宇津保物語は 縷衣香さんの作品より )

もし ご興味をお持ちいただけて

ご都合がつきましたら ぜひご来場くださいませ

上記演奏会に先立って 日中から展示がございます。

こちらも ぜひご高覧のほど。。。

展示会

アプリコ 展示室

南風『宇津保物語』に登場する中国古琴と書画展

12月2日 11:00 ~ 21:00

    3日 9:30 ~ 19:30

講演会

アプリコ 小ホール

『琴の謎』と古琴のふれあい

12月2日 14:30 ~ 17:30

      14:30開場 15:00開演

 入場料 先着150様無料

じみに周知ですが。。。

どうぞよろしくおねがいします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オルガン革命進行中

用事を終えて帰宅後に 遅めの食事がおわり

ぼーっとしながら Eテレの クラシック音楽館を♪

リストやサンサーンスのピアノ協奏曲

すてきなピアニスト ヘルベルト・シュフさん

リストの高音が ほとばしる汗とともにはじき出される

しかし 音は繊細 まるで職人のようだ。。。

すてきな指揮者 準・メルクルさん

動きが綺麗で 身体の動きごとオンガクが紡がれる。。。

そのあと 荘厳なオルガン曲も。

サントリーホールのパイプオルガンはステージの奥で

弾いてる女性もよくみえない

オーケストレーションにオルガンの低和音が重なって行って

どんどん 地平が拡がる感じ

あ~ すてきな曲だ~~ と

。。。音にひたる。。。至福。。。

そうこうするうち

【コンサート・プラス】というコーナーで登場したのが

 どハデな衣装のモヒカン青年

キャメロン・カーペンターさん(wiki)

バッハの無伴奏チェロ組曲を

オルガンの足だけで弾いてる!!

なにこれ

先のとがったスワロフスキ的なキラキラがついているブーツの

つま先やかかとを駆使して繰り出す音がすごい

画面にくぎ付けになった

おっと お次は ラ・カンパネラで。。。

それから ショパンいっちゃうのですね。。

エチュード ~ 革命~

PCで検索したら 彼はオルガン界の風雲児のようで

MSNニュースより ↓

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130312/ent13031208050002-n1.htm

超絶技法が美しい。。。

オルガンが こんなにもアグレッシブになりうるのねと

あたらしいものを観たショックにどきどきしたのでした。

ここで ↓彼の革命 聴けます&見られます

http://nicoviewer.net/sm3134963

白い上下で 体操選手みたいだにゃ。。

 

Youtubeでも アップされてるようです。

クラシック音楽館 (N響 第1750回定期演奏会)

http://www4.nhk.or.jp/ongakukan/x/2013-06-02/31/24208/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京駅改装後

東京駅

東京駅の駅舎があたらしくなりましたね

こちら昨日の夕方の人の流れです。

おそらく いつもの通勤の人々ですね。

この流れを 

併設のホテルの窓から眺めていらっしゃる方も

いるんでしょうね

東京駅

噂のドーム天井の一部です。

改札の内側から撮っているので。。。
てっぺんの八角形は半分しか見えません

東京駅

うつくしい色合い

うつくしい造形だな~

おなじように上部を見上げて

写真に収めている方々も

たくさんいらっしゃいました。

いつか ドーム・コンサート

できたらいいな~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

講談ナイト


暑さが続く 八月の後半です。

みなさま お元気でお過ごしでしょうか

先週の金曜日 (17日)

あらら もう一週間も経ってしまいました。。。

久々に 講談を聴きに お江戸日本橋亭に。

講談ナイト

おひげの凄かった 田辺一鶴(いっかく)師匠のお弟子さん

田辺鶴瑛(かくえい)さんが 

ホスピス講談をなさるというので。。。

いまや 鶴瑛さんの 介護講談はあちこちで人気になり

この日の 日本橋亭はいままでにないほどの大盛況

客席は 通路はおろか なんと舞台の両袖まで

ぎっしりの観客動員になりました

トップバッターは 軽妙な語り口調のおにいさん(ごめんなさいお名前が。。。)

そして 鶴瑛さんの長女 田辺(小むぎ改め)銀冶さん

講談ナイト

どうでしょ この色っぽさ

艶やかなすてきなおねいさんにお育ちです

お若いのに安心感のある語りで盛り上げてくれました。

そのあと 宝井一門の

琴柑さん~ 琴調さん ~琴梅さんと続き

トリが 田辺 鶴瑛さんです。

鶴瑛さんの講談人生で初の主任(トリ)だとか。。。(意外

おめでとうございます

講談ナイト

鶴瑛さんの この髪型 オシャレですてきでした。

出し物は “内藤いずみ ホスピス物語”

http://www.tanabekakuei.net/20120817.pdf

内藤先生は 医師として患者さまたちと接し

死期が近くなった方々とも 多く触れ合われるようになったのでした。

イギリスに留学 滞在中にホスピスに出会い。。。

相手のこころに届く医療をさらにいろいろ工夫されたお方なのです。

彼女の半生に取材し 創られたのがこの演目です。

ホスピスとは。。。!?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%B9%E3%83%94%E3%82%B9

こちらが この講談の主人公

内藤いずみ先生です

講談ナイト

ご自身が題材になったおどろきとよろこびとを

かみしめていらっしゃったそうで

患者さんたちとのいろいろな場面が思い起され

涙が出てしまったとお話くださいました

何事かを懸命にやり続けてきた女性たちの

晴れ姿でした~

当日は 鶴瑛さんつながりのおともだち

当ブログにコメントを寄せてくださる

くろじい とも久々の再会をしました。

少し前の調整入院中に 晴れて入籍をされた

Nちゃんと一緒でした。

くろじい&Nちゃん

~~~おみでたう~~~

きょうもお読みくださってありがとうございました。

水分補給に勤めながら 

元気でお過ごしくださいね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

また渋谷に出没

先週土曜日に続き

昨日も 渋谷東急文化村に行きました。

アーティスト縷衣香(るいこ)さんより

おつなぎいただいた 

フェルメールからのラブレター展

コミュニケーション:17世紀オランダ絵画から読み解く人々のメッセージ

http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/11_loveletter/index.html

先週土曜日 梵字アート展の前に行きたいとおもっていましたが

ギャラリーは長蛇の列で 諦めました

アート観賞が趣味の方って ほんとうに多いんですね。

そうそう 上野の森も いつも混雑ですね。

特に土日は。。。ね

開催終盤となれば致しかたなかったですね。

昨日も 平日にもかかわらずかなりの混雑でした。

フェルメールは43年の生涯で

30点ほどの絵画が残っているだけなのだそうです。

今回は リンクしたページでご覧いただける

三点の展示と あとは 同時代を生きた

画家たちの作品展示です。

日本が鎖国を完了させていく頃の

オランダは識字率が高く 文化的にも充実していたのですね。

そして 当時は

手紙が人と人とを繋ぐ 重要なコミュニケーションツールだったことが

この絵画展のテーマでもあります。

ひととおり展示を見たら

あまり遅い時間ではなかったので

ル・シネマで映画を観賞することにしました。

火曜日は どなたさまも¥1000

フラメンコフラメンコ

http://www.bunkamura.co.jp/cinema/lineup/12_flamenco.html

(ご紹介ページで 予告編も見られます)

渋谷で周回

知ってる名前は

パコ・デ・ルシアさんくらいでしたが

音楽オムニバスてきな要素があって

すばらしかったです。

ちょっと不思議におもえたのは

全編でカスタネットを使っていなかったこと。

手拍子で十分な臨場感ですが。。。

楽器はシンプルに ガットギター

カホーン コンガやたまにタブラなんかも。。。

かの地では

日常生活がドラマティックに展開してるんだろうなあ

っておもいました

ご近所さん達が集まって

ブルースチックに 吟詠調に語っちゃうのって

沖縄で毎日人々が盛り上がってその日をうたい上げる

感じと根っこがおなじなのかも

(勝手なイメージかしらん。。

わたしも 日々の気持ちをうたいたいな~~



| | コメント (2) | トラックバック (0)

雅叙園にて

今日の東京は 春のような日差しになっています


昨日は このブログにもコメントをお寄せくださる

縷衣香(るいこ)さん と ゆりあさん

お二方と連れ立って 目黒雅叙園に参りました。

こちらは 雅叙園のフロア

立体的な江戸風景が雅(みやび)です~

雅叙園にて

東京都の指定文化財でもある“百段階段”の催し“百段雛まつり”

こちらは開場入口のフロアの飾りです。

雅叙園にて

子どもたちの無事な成長を祈る気持ちは昔も今も変わらず。。。

時代や地域によりお雛様も個性豊かでした。
(内部は撮影禁止です)
お客様には男性も混ざって楽しそうでした。

想像以上に素敵で楽しい、しかもこころに響くお雛様鑑賞になりました♪♪♪

百段雛まつりは 3月4日まで 会期中無休です。

JR目黒駅の窓口で割引券購入が可能です。

¥1500 ⇒ ¥1200

機会があれば、

ひとあし早い春のお出かけにいかがですか?(^-^)/

二つ前の記事

聖アンセルモ教会はすぐ近くにあります。こちらもすてきなスポットです。

(縷衣香さんの所属教会でもあります

和洋のよきところに触れられるすてきなお散歩コースになるとおもいます。

(携帯より♪)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エル・ブリの秘密

先日 お正月休みをとっていた つれあいと 

映画を観に行きました。

世界一予約のとれないレストラン『エル・ブリの秘密』

すごーく よかった

いろんな面で 触発されました。

中でも 和ハーブでもあるゆずや醤油等

日本食材や調味料の認知され方。。。

群を抜いているとおもいました。

(つまり 日本人は元々恵まれた食環境なんですよね

舞台はスペイン バルセロナの郊外に実在した

エル・ブリ 

機会がありましたら

ぜひぜひ

http://www.elbulli-movie.jp/

↑ ↑ ↑

こちら 公式ご紹介ページです。

(予告動画も見られますよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

jplive 【ふらっと】 【花水木】 ありがとうさよなら原発 うた おさんぽ おもしろGOODS お知らせ しあわせ すきなひと すてきなひと はっぴー らっきー♪ ふしぎ ほっとひといき みんなでやってみよう アート イベント ウェブログ・ココログ関連 エックハルト・トール エネルギー オノマトペ カフェ ギフト シンクロニシティ ハーブ バトン ペット メッセージ ライブ ヴォイス 住まい・インテリア 何が本当か 光の旅  動物 危機管理 地域 地球とともに 太陽・月・地球 季節 学問・資格 宇宙・天体 安全・食 宮澤 賢治さん 家族の肖像 建物 モニュメント 記号 ロゴ  建築物 モニュメント  心と体 心ゆたか 情報 感謝 才能をのばす 携帯・デジカメ 文化・芸術 文字 デザイン 新年 旅 地域 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 木を植える  木を植える 種をまく 植物 浄化 琴線 祈り 祈り(意乗り) 祝詞 真言 神社 神社★お寺★教会★聖地 神社★仏閣 脱原発 自己調整 自然界 自然界の贈り物 色彩 言葉 言霊 言霊 言霊 音魂  記憶 詩 うた 誰でもできる 豊かな資源 贈り物 趣味 雑感 音楽 音色   音魂 飲み物 食べ物 養生 Good News