春のおいしい贈り物

fuji



先週の土曜日

昔のお仕事仲間の

w子さんが

春のおいしい贈り物をつくって

お届けくださいました。

彼女は鎌倉在住ですが

多摩川の浅間神社付近まで来てくださったのです。

春のおいしい贈り物

そう言えばこの神社にはじめて誘(いざな)ってくれたのもw子さんでした。

春のおいしい贈り物

坂東の観音霊場巡礼も

彼女が先達でした。

わたしたちの観音巡礼では

般若心経とは別の

高王白衣観音経 をお唱えする巡礼で

そのお唱えの仕方や お参りの心得

等々から お教えくださったものでした。

bell

あれから ずいぶん時が流れました。

変わらぬ笑顔の

w子さんでした。

bell

かわいい ゴムがあるんですねcherryblossom

春のおいしい贈り物

蓋を開けると

桜の香りがふわあっと(*^^*)

春のおいしい贈り物

もちもちの道明寺さんが

たっくさん!

春のおいしい贈り物

春の訪れを運ぶ 

桜の葉の塩味と 

ふわっと上品な甘みのハーモニーheart04

ご馳走さまでしたdelicious

しあわせだなあ~~

fuji

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

家族 DE 神楽坂

clover

嵐が去った 日曜日の東京です。


家族の  厄除け祈願で

神楽坂は  毘沙門天さまのいらっしゃる善國寺へ。

我が家の宗派ではないのですけど

そんなのカンケーなく(笑)

寅年のツレが、寅年の寅の日に厄除け祈願してから、

こちらにお願いしています。

家族  de 神楽坂

修験の様態にて  チカラ強い 厄祓いのお加持です。

clover

祓いをしていただいて すっきりしたところで

近くのお蕎麦屋さん DE ランチ。

お料理数人分のおまかせを 

長女かぼちゃひめが予約していてくれました。

まずは 湯葉の上にえび、うに、生海苔ののったのが供され

ぷりぷり美味しいお刺身も。

家族  de 神楽坂

貝柱のてんぷらに 茄子の揚げだし

ありがたいことに 4人分にしてくださっています。

家族  de 神楽坂

長男の サカモトも忙しく日々を過ごし

4人揃っての外食は 久しぶりです。

clover

このあとも 山芋のソテーに豚肉の焼き物をあしらったもの

大海老や野菜のてんぷら等々 六品ほど

見た目も味も おいしく楽しくいただきました。

締めに 各人 好き好きにお蕎麦を註文し

みーんなおなかいっぱいです。

家族  de 神楽坂

さて  箸袋には このような 文言が。

『世の中にめでたいものは蕎麦の種

花咲きみのりみかどおさまる』(実り、帝、三稜)と。

三稜ってなんだろうとおもったので お店の方にお聞きしましたら

蕎麦の実のカタチを表しているとのこと。

そして 一粒 実を持ってきて下さいました。(箸袋にON)

ひゃっはー 蕎麦の実は さながら小さなピラミッドですね。

clover

家族  de 神楽坂

今夜のお茶は お蕎麦屋さんでも供された

蕎麦の実のお茶。

実はこのままでも 香ばしくてオイシー!

わたしは ソフトクリームにこれをかけていただくのが

だいだいすきですdeliciousheart04

家族の時を 持てたことに感謝のいちにちです。

clover

本日伺ったのは 神楽坂 山せみ さんです。

http://hitosara.com/0006022691/

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

天川の朝

tulipひとりたびの続きです。ご来訪ありがとうございますtulip

びわで ぐっすり眠った翌朝は

弁財天社で 朝拝に参加しました。

ここは 神仏習合なので 大祓祝詞とともに 

般若心経もお唱えすることが多いようですが

この日は 心経はありませんでした。

来訪の参加者は 3名で とても静かでした。


追加

朝拝を終えて 階段がわを見下ろせば

木々の美しさが迫ります。

追加

来迎院の いちょうさんにも おはようございます。

追加

お宿に戻って 

おっちゃんが用意してくださった朝食をいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

天河大弁財天社

弁財天社の佇まいです。

天河大弁財天社

手水舎の龍神さまの水は

以前よりは ちょっと緩やかかも。

天河大弁財天社

それでも やっぱり スゴイ水量!

階段を上った 拝殿は ほの暗いのですが

写真に収めると このように明るくなります。

天河大弁財天社

五十鈴は 回転させるようにして鳴らします。

なかなか むずかしいです。

ご祭神は 弁財天さまと 

大黒天さま そして 毘沙門天さま 。

神仏習合 そのままです。

clover

こちらは摂社


天河大弁財天社

天河大弁財天社

四年前 台風で
紀伊全体が甚大な被害を受けてから
人々のたゆまぬ努力にて
みごとに復興に向かっている印象です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

預言カフェ*穴八幡宮

預言カフェ*穴八幡宮

高田馬場 預言カフェ

ひょんなことから伺いました。

かみさまが

ずっと私を見守ってくださっていることがわかりました。

預言カフェ*穴八幡宮

同じ日。。。

すこし足をのばして 早稲田に出没。

おなじみ 穴八幡宮です。
預言カフェ*穴八幡宮

拝殿付近の工事をしていましたが。。。

穴八幡宮写真

大好きな木に会ってきました。

ここのおおきな根っこに

はだしで のっからせてもらうのが

わたし流。。。おもくてごめんなさーいhappy02

穴八幡宮写真

ここの御朱印ははじめてもらました。

左の小さなお守りは 

毎年授かっている一陽来福の懐中お守りです。

このお守りは 

冬至から節分までの限定領布ではないそうです。

まだ 酷暑だった九月の半ばの

覚書です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

新月の会

shinenewmoon shine


本日は 既報のように “新月”です。

青山熊野神社境内をお借りして催している “新月の会”に 参加しました。

主宰の 横澤和也先生は お仕事先から羽田に到着後

そのまま駆けつけてくださいましたnote

新月の会

生きとし生けるものすべての安寧と発展をお祈りしました。
地球さんも月や太陽も星々も 平和でありますように☆彡

bud

今日は 次のステージに向かう

“お祝い=ステップの新月”なんだなという気がしました(^-^)/shine

bud

奉納演奏と全員のお参りが終わってから

今日は初めて石笛(いわぶえ)を見る方々に

横澤先生が 笛のご紹介をしてくださいました♪

新月の会

自然が生み出す石に“息吹き”を吹き込む “石笛”にどなたも興味津々。。。

新月の会

すてきなひと時を過ごすことができましたheart01(=^▽^=)heart01

全てにありがとうございます♪

新月の会

(携帯より♪)

cloverPCにて 写真順序等編集しました。

携帯で 編集できたらありがたいなあmobilephonenotes

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

天河神社復興に関して

台風12号により甚大な被害を受け その後15号の追い打ちで

紀伊半島はさらなる危機状態になりました。

typhoonthunder

関連情報や 被災状況を下記HPにてご覧いただけます。

天河大弁財天社HP ご参照ください。

↓ ↓ ↓

http://www.tenkawa-jinja.or.jp/top/index.html

あわせて義援金も

お願いできればとのことです。

bud

各地のより良き復興をお祈り申し上げます。

bud

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

丹生川上神社

天川村から大和路を通っての帰路に“丹生川上神社の下社”に寄りました。

上社と中社は別途ありますが、ダムに沈んだ場所だったそうで、

今は別の場所に鎮座されているそうですshine

丹生(にう)とは 水銀のことをあらわし

弘法大師さまの 錬金術にも関係があるのかもです。

つまり このようなこと ↓ かな。。。

http://www.eps4.comlink.ne.jp/~kumagai/gotaku/suigin.htm

今で言う 科学技術の粋でしょうか。。。crown

丹生川上神社

 

丹生川上神社

拝殿でのお参りを終えたら

なんと 両足元のまんなかに くわがたさんが来ていて 。。。sign02

踏まなくてよかった~sign03

丹生川上神社
それから黒いアゲハ蝶も旋回しながら飛んできて着地notes

うしろの森に生命の宝庫を感じさせてくれる場所です。 丹生川上神社

ご朱印をいただいて神社の方と森のお話をしていたら

宮司さんが 上がって行かれませんか?と。。

昇殿をおすすめくださいました。

わーい happy01heart04 

お友達と三人で上がらせていただきましたheart02

一枚目の写真 拝殿の屋根の上部に

さらに上に続く屋根が見えますよね。

ここが ずうっと本殿に続く階段になっていて

ながく登る木の階段が森に吹きぬけて 

すばらしい景観なのでしたheart02

宮司さんは 元は八坂神社などにいらした方だそうです。

丹生川上神社

帰りには 地元でとれた柿の干菓子を

直会(なおらい)にといただきました。

ありがとうございます。

らっき~なわたしたちscissorsshineでした。

(PCにて編集しましたpc

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

七尾山・蛇の倉



さて 新月会の次には、
もう一つの目的、

修験道の山 “七尾山蛇(じゃ)の倉”の登山fujiです。

修験では有名な 大峯山は 女人禁制ですが
こちらには 女性も入山できるのです。

天川村の分かれ道から 弁財天社と対称くらいの場所にあるお山で、
名物仙人 神直(しんちょく)先生が御守りをされる聖地です。

運がいいと 仙人にお会いできるそうですよnote

我々? 。。。会えました~happy01heart04

(cosmos注:ご参照くださいね)

申し訳ございません。

お会いしたのはお弟子さまにあたる百(もも)様と仰られるお方だそうです。

このお方も仙人のようで ほんとうにすてきなお方でした。

神直先生はご不在だったそうです。

確認しないで書いてしまって ご迷惑をおかけしました。

もっともcosmosは 最後のほうで下山したので
ゆっくりはお話を聴けませんでしたが
しっかり握手して 『しあわせにな』とお声掛けいただけましたheart01

とてもおちゃめな雰囲気のお方で だけれど大切なお話をいただいたようで
同行の人たちは きゃっきゃと楽しんでいらっしゃいましたよnotes

こんどはゆっくりお話お聴きしてみたいなあ~confident

ちょうど、山門を工事していて、私たちは 仮通路から参りました。

奈良・七尾山

入山時には白衣をお借りしていきます。
行き帰りでおよそ三時間程度の行程です。
登りながら唱えることばは 『六根清浄(ろっこんしょうじょう)』です。

奈良・七尾山

登山道の入り口あたりでは
役の行者(えんのぎょうじゃ)さまが迎えてくださいますhappy01

奈良・七尾山

ここからが登山道。
お山では 『六根清浄のうたsign02』や ホラ貝の音を流していて
登る人の後押しをしてくれます。
(自分で言わなきゃしょーがないんですけどねwink

登って行く途中に何箇所も ご神仏が祀られていまして
ここで 般若心経を唱えていくのだそうです。
横澤氏は もちろん 笛の演奏も奉納されました。

fuji

そして 登りきったところにある ≪孔雀門≫のまえで
お茶のお接待を受けました。
sweat02めちゃ 感謝~~sweat02

≪孔雀門≫から先は
先達が居ないと 入ることが許されません。

このたびは 先達をご依頼していて
入山させていただけました。

まっくらな 縦型の洞窟には 金属のチェーンで繋がれた梯子がかかっており
(進路は 人が一人通れるくらいのスペースですsweat01
ところどころに灯された蝋燭の明かりと 
前を行く方の 『六根清浄』 の声を頼りに進むのです。

10メートルくらいでしょうか? 登りきると 12畳くらい?のスペースが現れ
本尊 真宇王(まおう)大権現さまと 白龍さま 青龍(せいりゅう:字が違うかも)さまが
三方向に祀られております。

この場所で 役の行者や弘法大師たち 数人の聖人たちは
したたる洞窟内の水のみで それぞれ三年の歳月を過ごしたのだそうですよ。

青龍さまの さらに上部を抜けていくと
神々が集うひろい場所になっているといいますheart02

ここで 皆でお祈りのときを持ち。。。感謝~confident

なかなか たどりつけない場所まで行けたというしあわせ感でいっぱいでした。

(携帯より♪)

pcpcで編集しました(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

北陸へ②

続いて 近くにある “金剱宮(きんけんぐう)”へ。

金沢から 白山ひめ神社への道筋にあります。

ここには はじめて伺いましたhappy01heart01

Dscf9876

Dscf9872

お宮は それぞれ雪囲いのためでしょう。。。ガラス張りの囲いで保護されています。

Dscf9880

恵比寿社 や 天の真名井も。

Dscf9877 

不思議な石が複数。

特に“天忍石(牛石)”のまわりは いつも湿り気が絶えないのだそうです。

Dscf9888

こちらは メインの拝殿に祀られている彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)の父君のご祭神 乙剱宮(おとつるぎぐう)です。

境内には巨木や老木も多く 茂っていて ゆったりした 雰囲気のある神社です。

この地域は 鶴来(つるぎ)といいますが 剱(つるぎ)が地名の由来のようです。

clovercloverclover

(追記:予告)

白山ひめ神社さまと 金剱宮には 期せずして 翌日も伺うことになるのでしたscissorsshine 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

その他のカテゴリー

jplive | 【ふらっと】 | 【花水木】 | ありがとうさよなら原発 | うた | おさんぽ | おもしろGOODS | お知らせ | しあわせ | すきなひと | すてきなひと | はっぴー らっきー♪ | ふしぎ | ほっとひといき | みんなでやってみよう | アート | イベント | ウェブログ・ココログ関連 | エックハルト・トール | エネルギー | オノマトペ | カフェ | ハーブ | バトン | ペット | ライブ | ヴォイス | 住まい・インテリア | 何が本当か | | 光の旅  | 動物 | 危機管理 | 地域 | 地球とともに | | 太陽・月・地球 | 季節 | 学問・資格 | 宇宙・天体 | 安全・食 | 宮澤 賢治さん | 家族の肖像 | 建物 モニュメント 記号 ロゴ  | 建築物 モニュメント  | 心と体 | 心ゆたか | 情報 | 感謝 | 才能をのばす | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 文字 デザイン | 新年 | 旅 地域 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | | 書籍・雑誌 | 木を植える  | 木を植える 種をまく | 植物 | | 浄化 | 琴線 | 祈り | 祈り(意乗り) | 祝詞 真言 | 神社 | 神社★お寺★教会★聖地 | 神社★仏閣 | 脱原発 | 自己調整 | 自然界 | 自然界の贈り物 | 色彩 | 言葉 言霊 | 言霊 | 言霊 音魂  | 記憶 | 詩 うた | 誰でもできる | 豊かな資源 | 贈り物 | 趣味 | 雑感 | | 音楽 | 音色   | 音魂 | | 飲み物 食べ物 | 養生 | Good News